保育士と退職代行
ノーリー
保育士業界にお勤めの方が退職代行を使うケースが増えてます!
今回の記事は、保育士で仕事に悩みを抱える方に向けて書いてます。

保育士業界は下記のような問題が顕著です。

  • 人間関係の問題
  • 仕事がしんどい
  • 給与に不満がある

保育士の場合、辞めたくても辞めれない状況が多いです。

年度末の問題や受け持つお子さんの存在などが、 一般的な企業とは違う点でしょう。

  今回の記事を読む事で、今現在辞めようか悩んでいる方、辞めたいけど辞めれない方が退職へ踏み切る事が出来るようになります。

では見ていきましょう!

退職代行で辞めざるを得ない保育士の現状とは

人手不足が取り沙汰される保育士業界ですが、ここ最近退職代行を利用して辞める人が増えている傾向にあります。

子供と触れあえる夢のある職業に見えますが、体力や忍耐も要する重労働な部分もあります。

今回は、そんな保育士業界に勤めている方で上手く辞めたいと考えて居る人のために、退職代行サービスとの関係性について書いていきます。

 

既に限界を迎えている女性保育士さんにオススメ!
当サイト提携女性専用退職代行「わたしネクスト」に無料相談!
↓↓↓

辛くて辞めたい!保育士業界には悩みがいっぱい

保育士業界の悩み

慢性的な人手不足が叫ばれる保育士業界ですが、その内情はどのようになっているのでしょうか。
現場で働いている保育士の主にストレスを感じる部分は以下の3つになります。

  • 保護者ととのトラブルが多く心労が多い
  • 閉鎖空間により人間関係が複雑
  • 責任が重く労働時間と給与が見合わない

これらが多く聞かれる意見となります。

保護者とのトラブルが多い

モンスターペアレント、略してモンペの存在は保育園・幼稚園をはじめ、児童が高校生になるぐらいまで聞く事のある人的トラブルです。

一言で言うと、過度に自分本位な親と言う感じでしょうか。

とにかく難癖ともいえる難題を学校や保育園にぶつけてきます。

「お遊戯会の役が気に入らない」と言った物や、「徒競走の結果が納得いかない」と言った物まで。
聞いた人にとってはそんなことで!?と言う事も平気でクレームを言ってくるんですね。

児童を預かりお世話をする保育士にはダイレクトに不満をぶつけてくる事も多く、その内容の殆どが対処の難しい物となっています。

度が過ぎると嫌がらせや風評被害を意図的に起こすモンスターペアレントも存在し、とにかく中長期的に悩まされる要因です。

毎日楽しく働きたいと思っていても、蚊帳の外から強いストレスを感じさせられる。

それが保護者とのトラブルと言う事です。

閉鎖空間により人間関係が複雑

毎日一人で勤務すると言う保育士さんは稀です。

大体は他の保育士さんと協力し、複数人で児童のお世話にあたります。

一般的な企業とは少し違い、保育園や幼稚園となると閉鎖的な空間になりがちです。

情報は内側で完結する事が多く、良い事も悪い事も共有されがちな職場と言えるでしょう。

その中で人的トラブルにつながる機会も多く、先輩の期限をそこねたり同僚とウマが合わないとなると即ストレスにつながる環境となります。

特にお局様的なポジションの方がおり権力を握っていると新人保育士は大変です。

うまく気に入ってもらえればいいですが、常に爆弾がそばにあるような感覚と言えます。

嫌われると嫌がらせやいじめを受ける事も多々あり、ある意味保育士が離職する一番の要因ともなりえます。

先の保護者と同じく、毎日ストレスにさいなまれたまま働かなければならない状況も生まれがちです。

業務量が多くサービス残業などが発生しがち

保育士の仕事のメインは子供の世話をする事ですから、事務仕事やデスワークは後回しになりがちです。

その結果、仕事を家に持ち帰ったり最寄りのカフェでこなす方が多く時間外労働が顕在化していると言います。

休日出勤する方も多く、時には健康的な睡眠時間の確保すら難しくなります

これらの時間外労働はサービス残業になってしまう事も多く、働いた工数に対して給料が見合わない事も。

また、児童一人一人を責任をもって世話をする事がメインですから責任も他業種と比べ格段に上がると言えるでしょう。

これにより心身ともに疲労がたまり、早期離職をする人が多くなっています。

ここがポイント

主な退職原因はこの3つです。

■保護者ととのトラブルが多く心労が多い
■閉鎖空間により人間関係が複雑
■責任が重く労働時間と給与が見合わない

こうしてみるとストレスに起因している物が大半を占めている印象です。

保育士の環境改善希望第一位は賃金に関する物

賃金に関するイメージ

なぜ保育士の世界では離職率が高いのか、また永続的に保育士を続ける人が少なくなってきている背景には何があるのか調べてみました。

厚生労働省発表の「保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて」によれば、就業希望者が増えない理由の第一位はズバリ「賃金が希望と合わない」が上がっています。

次いで二位の自身の健康・体力への不安、三位の休暇が少ない・休暇が取りにくいが続きます。
参考:保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて

人間とは不思議な物で、仮に賃金が見合わないとしてもそれなりに楽しい職場であれば長い事務めます

休暇も同じで、自由に希望休暇が通る職場なら退職する事を躊躇する人が多いでしょう。

この事から言えるのは、分かりやすい指標として「賃金」に関する理由が一位になって居ますが、先に挙げたモンスターペアレントの問題や人間関係、時間外労働の問題がクリアになればそれだけで離職率はグンと減ると言えそうです。

ここがポイント

先程のストレスも退職の原因ですが、業務内容が賃金と見合っていないと感じる人が多いようです。それでも楽しい、やりがいがあると感じれれば職場に踏みとどまる方も増えると思いますが、ここに業界の問題が一つありますね。

退職代行を使って保育士を辞める事のメリット

保育士が退職代行を使って辞めるメリット

とにかく辞めたい、体調がおかしい、これ以上勤め先に行きたくないと言う気持ちが強くなったらいよいよ退職代行の出番です。

退職代行を使う事のメリットの一番は、もう会社に行く必要が無い点だと言えるでしょう。

上司に会いたくない、そもそも退職の話を上司は聞いてくれない、強い引き留めにあったとなると退職代行を使って辞める方が効率は非常に良いでしょう。

世の中に退職代行サービスを行っている企業は幾つもありますが、先ずは気になったサービスに無料相談してみてください。

費用はかかりませんし、あなたの現在の状況を相談する事でプロが適切にアドバイスしてくれます。

この手の悩みは一人で悶々と考える事が多いですが、初めから誰かと相談しながら退職を進める事が出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

最近では退職届など必要な書類も手配してくれるサービスが増えていますし、弁護士事務所が運営している退職代行なら残業代や有給休暇の交渉も行えます

場合によっては即日退職も可能ですし、結果的に精神衛生上は非常によろしい状態に持っていけます。

強いストレスを感じて居たり、吐き気や頭痛がするレベルだったら即退職を考える必要があるといえます。

以下はその際にオススメできる、当サイト一押しの退職代行サービスになります。どれも無料で相談に応じてくれるので、まずは気楽に連絡をしてみるといいでしょう。

ここがポイント

保育士が退職代行を使って辞めることのメリットは、他業界とほぼ同じと言えるでしょう。特に即日から勤め先に行かなくても済むという点は、ストレスの軽減に大きく関係しています。

その他参照記事⇒退職代行ランキング[正社員低価格編]

退職代行が流行る理由は求人にもある

アルバイト求人情報

保育士不足が慢性的に問題になりつつある日本ですが、求人する側から見ると猫の手も借りたいのが実情です。

退職代行を使ってサクッと勤め先を辞める事のメリットはここにもあり、厚生労働省発表の平成29年度末時点でのデータでは、実に46万人の保育士が必要との数値もあります。

[需要面]保育の量拡大に伴って必要とされる保育士数は、平成29年末で約46.0万人

引用元:保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて

少し前の情報になりますが、反対に保育士の供給はどの程度かと言うと、毎年約38.6万人ほどが就職している事になります。

その差額、約7.4万人が不足している保育士の数と言う事です。

[供給面]現在の保育所における保育士の離職率等を考慮して推計した保育士数は、平成29年度末で約38.6万人と推計

引用元:保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて

この数字は特定の業種単位で見た時に圧倒的に足りていないと言えます。

裏を返せば、どの保育所関連施設でも保育士の需要は高まっていて、その分求人にも積極的です。

つまり、退職した後もまた保育士として活躍したいと考えた際に、働く場は沢山あると考えられます。

ベンチャー企業などにお勤めの場合、本来転職活動は次の職場が決まってから退職を切り出すパターンが多いですが、保育士の場合多少見切り発車で退職しても割と早期に次の職場が見つかると言う事も想定されます。

となると、今現在心身ともに支障をきたすほど勤め先に行きたくなければ、退職代行を利用して一気に退職してしまう事も理にかなうと思いました。

無職になる不安はあるかもしれませんが、今の自分の状況を踏まえて行動に移してみましょう。

もう限界だと感じている保育士の方は、早期退職をおすすめします。

 即日退職を希望の方は⇒退職代行SARABA
ここがポイント

必要な保育士は46万人、毎年就労している保育士は38万人ほどいますが現状では約7.4万人の保育士が不足している状況です。

保育士が退職しづらい理由は人手不足と年度制

人手不足の会社

勤め先である保育所などを退職出来ない大きな理由としては、

  • 人手不足
  • 年度末まで受け持つ必要がある

この二つがあると思います。

どちらも一朝一夕に解決する事ではなく、早期退職を考えた時にもネックになる部分です。

人手不足で退職させてもらえない

業界的に人手不足だと、退職を伝えた時にとにかく引き留められます。

雇い主側からすれば一人でも抜けられると他の人の負担が増えるので、ある意味当然の事と言えるでしょう。

良くあるのが、待遇を良くする、環境を変えるから残ってくれと言う物です。

しかし、この言葉をそのまま鵜呑みにするのは非常に危険です。

保育士業界に限った話ではないですが、この手の話をする上司や雇い主はその後きちんと動いてくれることは非常に稀です。

あなたを引き留めるための方便とも言えるでしょう。

はっきりと、「いついつまでにこうして待遇を変えるから」と言った時期を明確にしていない場合は特に注意です。

その口約束で、あなたの給料が上がるからなど盛り込まれていたとしても、怪しんだ方が良いと経験上思います。

年度末まで待たないと迷惑が掛かる

受け持ちのクラスや組がある場合、年度の途中で退職する事は子供たちがかわいそうです。

責任感のある保育士さんなら特に悩み、その結果ズルズルと辛い職場で勤続する事になりかねません。

ただ、一番まずいのは心身を壊し途中でリタイアする事です。

これは、あなた自身の今後のためにもなりませんし、子供達、保護者全ての人たちにとってメリットが無い状態と言えるでしょう。

もしこう言った事態に陥りそうであるなら、それこそ退職代行を利用してすぐに退職する方がまだ良いと言えるでしょう。

この様に、退職を考えた際に今の自分の境遇を冷静に分析し、諸々の事情と天秤にかける必要があります。

その際に、明らか即時退職の方がいいと感じれるのであれば、やはりスピーディーに退職に向けて動く様にしましょう。

ここがポイント

保育士が退職しづらい理由としてと、人手不足と通年を通した担当性があります。慢性的に人手が足りていない業界に加え、学校の教師のように受け持ったクラスが長期間担当する事も辞めづらい要因です。

退職代行を使って辞める事は評判に傷はつかない

ネットで悪評が立てられた女性

もう一つ、保育士が退職代行を使う事を躊躇する理由の一つとして、自身の評判に傷がつくことを恐れている場合があります。

これは、万が一「〇〇さんは前の保育園を退職代行を使って辞めた!責任感の無い人だ」の様な評判が知れ渡ると嫌だと考える事によります。

基本的に、退職代行サービスは個人情報を守ってくれますから、あなたが退職代行を利用して辞めたと言う事は退職代行側から漏れる事はありません

あるとしたら勤め先の人からうわさ程度で広まる可能性はありますが、保育士の場合この手の評判が付いて回ると近隣の保育施設に再就職するのは難しくなります。

都市部のベンチャー企業ならまだ煙に巻く事は出来ますが、業界的に過敏になるのは分かります。

これに伴い、保育士業界は特にバックレる行為はご法度です。

これは事前に何の連絡もなく職場に行くことを放棄する行為で、別名「飛ぶ」とも言われることがあります。

こちらは、問答無用で悪評が広まってしまい次の保育施設での就職にも響きますし、子供を始めとした周りの人にも迷惑が掛かる行為です。

バックレる位ならまだ退職代行を使う方がよっぽど健全です

ここがポイント

退職代行を使って辞めたことが知れ渡ると困るという保育士は多いです。基本的に代行サービス側から個人情報が流れる事はありませんが、保育士の間で噂になる可能性はあります。しかし、バックレるよりは全然良いと思われます。

退職代行が保育士の間で人気になっている件のまとめ

退職代行が保育士に人気

このように、慢性的な人手不足が顕著な保育士業界ですが、場合によっては率先して退職代行を利用する方が得策だと言えそうです。

元々子供が好きでとか、高い志をもって保育士になった人が多いと思いますが、理想と現実は往々にして差がある物です。

その結果あなた自身の体調をこわし、今後の人生もつまらない物にしてしまうのは避けなくてはいけませんよね。

誰もが円満退社を望むと思いますが、業界によってはそれも厳しいのが現状です。

特に保育や介護業界は国も現状を変えようと動いています。

待機児童も問題になる昨今ですが、その背景には保育士不足も大きく関与しています

幼い子供にとっては、親の次に大事にな大人と言える存在ですが、その実さまざまな要因で体調を壊す保育士が増えていては本末転倒です。

まずは、自分の体調や生活を第一に考え、状況に応じて退職代行を利用するなども検討する事がオススメです。

オススメ関連記事:優良退職代行ニコイチの評判やクチコミは?

女性には、わたしNEXTがオススメ!
わたしNEXT

数ある退職代行サービスの中でも、女性のための業者が「わたしNEXT」に」なります。
会社に勤めている中で、女性特有の悩みやストレス。または、女性ならではの困った出来事も多々ありますよね。
できるなら、そういった伝えにくい悩みも理解してくれる退職代行に依頼したいと考える社会人は多いです。
「わたしNEXT」なら、日本退職代行協会(JRAA)で認可されてる退職代行なので、実績もありますし、安心して依頼できるはずです!

おすすめの記事