退職代行使われた
ノーリー
退職代行を使われた会社側の心情が気になる!
そんな社会人に向けて書いてます!

退職代行を使って辞めると、勤め先の企業は

  • どのような心情になるのか?
  • 怒ってないか?
  • その後嫌がらせしてこないか?

この辺りが気になると思います。
すぐに辞めたいから退職代行を使いたいのに、この手の疑問と不安があって躊躇してしまう。

そんな悩みを解消していきます!

この記事を読むことで、退職代行を使われた側の心情や、その後の対応のイメージがつくようになりますよ。

退職代行から連絡が来た会社の対応とは

退職代行から連絡が来た会社の対応とは

退職代行を使って会社を辞めたい社会人がフィーチャーされる事が多いですが、使われた側の会社の感じ方はどのようなものでしょうか。

怒りを覚える経営者もいると思いますし、あきれる場合もあるでしょう。

もし今退職代行の利用を考えて居る社会人の方は、代行時の勤め先の対応を予測するうえで、一般的な企業がどう感じるか知っておくのもいいと思います。

それでは見ていきましょう。

怒りをあらわにするケース

怒りに身を任せる

いきなり退職代行を名乗る知らない会社から電話がかかって来て、従業員が辞めますと言われたら、気分は宜しくないでしょう。

多くの会社では、経営者に近しい層から順に、怒りの感情をあらわにするケースもあります。

従業員の採用・育成はタダではないから

辞める従業員に対して、これまで投資してきたと考えているからです。

実際従業員を雇って育てるのは、タダと言うわけにはいきません。

教育に割いた時間や人件費、求人広告を打っていたらその料金も馬鹿になりません。

その上で、ある程度一緒に勤めてきた従業員が突発的に辞めるとなると、怒り心頭になるのは理解できます。

損害賠償請求などの脅しをしてくる場合も

特に退職代行からの連絡を直接受けた経営者の方は、動揺も相まって冷静を失う事でしょう。

この時に退職代行サービスに文句を言う方もいますし、損害賠償を請求するなど、脅しに近い行為をちらつかせる方もいます。

実際そのまま裁判に発展するケースは極めて少ないですが、ある意味人間らしい判断をしているケースともとれます。

参照記事:⇒退職代行失敗で損害賠償請求される?

退職代行時に暴言が出る会社は辞めて正解

暴言を吐いたり、怒りに任せて行動する経営者や上司であれば、そんな会社は辞めて正解だと言わざるをえません。

どんなに怒っている人でも、ある程度時間が経過すれば薄れていく物ですが、中にはネチネチと尾を引く人も居る様ですので、注意が必要です。

離職票を送ってくれなかったり、未払い残業代の請求にも応じないなど嫌がらせに出る可能性もあるパターンです。

退職の意思は本人から口頭で言われたい

円満退職

ブラック企業では無くても、従業員は悩みを抱えていて退職代行に頼る場合も考えられます。

入社して日が浅いから言い出せないとか、上司はすごく面倒を見てくれるけど仕事辞退が苦痛と言った場合ですね

結果的に、退職代行サービスから連絡がいくと、驚くと共に悲しむパターンになります。

「本人の口から辞める意思を聞きたかった」とか「辞める前に相談して欲しかった」と感じる場合ですね。

裏を返せば、その従業員が辞める事はまったく想定していなかったとも言えます。

確かに世の中にはもう少し忍耐力を持った方がいいと感じる若年の社会人もいますが、会社としてはあまりにも突発的だったが故に驚くのでしょう。

退職代行を使っても、特にその後もめる事は殆ど無いと言えます。

有給休暇が無くても、最終出社日の要望に応えてくれたり、きちんと私物は送ってくれる等最後まで対応してくれます。

別件として経営者はまっとうですが、現場の上長が問題ありの時もこのケースに当てはまる場合が多いです。

会社として経営者と現場間でのコミュニケーションが不足している事があります。

社長はみんな毎日上手く働いてくれていると感じていても、末端の従業員は疲弊しているかもしれません。

特定の役職者が、パワハラやセクハラを行っていても気づいていないと言うことです。

このように現場と経営者の間に温度差があると、退職後の対応は柔和な物になる事も多いでしょう。

本人に言われる方が悲しいと感じる企業

本人に言われる方が悲しいと感じる企業

良し悪しは別として、退職代行からの連絡をありがたがるケースもあります。

これは稀なケースだと言えますが、本人から退職を告げられる方が嫌だと感じる人も居るということです。

確かに自分が手塩にかけて育てた部下が、辞めると言われたらショックでしょう。

自分の評価や周りの目を抜きにしても、ある程度一緒に仕事をした部下に去られるのは気持ちのいい物ではありません。

精神的負担が軽いと言う意味では、まだ退職代行に言われた方がマシだと感じるのもうなづけます。

退職代行サービスが感謝されるケースも

このケースに付随して、中には退職代行サービスに感謝する企業もあるそうです。

対象となる今回の従業員に対して、解雇を促したいところだったがどうしようと悩んでいた場合なんですね。

簡単に言うと、辞めて欲しいと思っていた従業員が自ら辞めて行ったと言う事になります。

対処の仕方に悩んでいたところに、退職代行から連絡がきた。

その結果負担が一つ減ったと言う事で、感謝されると言うわけです。

ここまでをまとめると退職代行に対する反応は、

  1. 怒りが先行する
  2. 悲しみが先行する
  3. その他

となると言えます。

参考記事:⇒退職代行で辞めると勤め先の人が家に来るのか!?

退職を止める事は難易度が高い

退職を止める事は難易度が高い

法律的な側面から見た場合、退職代行から連絡があった時もその従業員の退職を止める事は難しいものです。

以下の条文を参考にしてください。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:イーガブ

民法の第627条には、従業員が会社を辞める際には退職日の二週間前に告げれば問題ないということです。

多くの会社では就業規則や規定を設け、その中で最短一か月前としているところが多いですが、これはあくまで規則であり規定です。

それよりも民法の方が勝っているので、この627条に該当してさえいれば、勤め先は従業員の退職を止める手立てはありません。

社会人には退職の自由があります

退職代行はあくまでその意思表示を勤め先に代わりに行う業者です。

いくらその場で退職代行業者に食い下がっても、退職自体を辞めさせることはできないと言うことです。

なかには、待遇面や給与改定を約束して、再度会社に残る事を選択する方もいますが、この様に本人の意思が変わらない限りは、退職を止める事は出来ません。

怒りに駆られるケースの場合、それを知っているからこそやり場のない怒りを感じるのかもしれません。

退職代行を使われるとどれぐらい迷惑なのか

退職代行は迷惑?

退職代行を目の敵にする会社も多いでしょう。

それぐらい経営者にとっては、心象のよくない職種とも言えますが、従業員の従事していた業務内容によっては少なからず勤め先に迷惑がかかるのも事実です。

以下の様な場合は、それなりに負担が周囲に行くと思っておいた方がいいでしょう。

  • 完全に人出不足の会社
  • あなたしかできない業務がある
  • 大きな案件を担当していた

これらに該当する場合は特に顕著だと思います。

一つずつ見ていきましょう。

完全に人手不足なのにいきなり辞められた

現在はどこの業界、どこの会社でも人手不足です。

皆大手の会社に行きたがるので、ある意味社会は二極化してきていると言えます。

今現在勤め先が目に見えて人手不足の場合、あなたが抜ける事で更に周りに負担がいきます。

これはある意味当然の事で、人員がかける事で業務過多になる場合もあるでしょう。

自分の体調との兼ね合いや、人生を天秤にかけて見てそれでも退職の方が勝って居たら辞めるべきですが、会社と揉める可能性もゼロではありません。

あなたしかできない業務がある

特殊技能や社歴が長いと、あなたしかできない業務があると思います。

問題は誰も代わりに出来ない時です。

勤め先の目線で見ると、これは大きな痛手となり場合によっては売り上げ等にもダメージが行く事もあります。

出来れば在職中に引継ぎを済ませておくとか、自分が抜けても回るような環境を作って置くことで回避できますが、いきなり辞めた場合は会社にとって迷惑となりえます。

大きな案件を担当していた

今現在大きなクライアント案件を抱えていて、かつその途中で抜けた場合もそれなりに迷惑を感じられるでしょう。

先の二つともつながりますが、この場合は抜けるタイミングにも問題がありということです。

出来ればその案件が落ち着くまでは会社にいたほうがいいですが、体調を崩してまで従事する必要はありませんし、それどころではないケースもありえます。

クライアントややり取りをしていた業者にも迷惑が行く事もあるので、そこも踏まえた上で退職代行に依頼する必要がありますね。

従業員が辞めるのは会社に責任があります

会社の責任

今の項目では退職代行利用時の迷惑について書きましたが、すべての原因は勤め先にあると思った方がいいです。

アナタの体調が芳しくなく辞めるのであれば、そこまで追い込んだ会社側に問題がありますし、技術的な引継ぎが出来なかったのも楽観的に捉えていた会社に問題があると言えます。

従業員は会社に不満がなければ辞める事は無いので、マネジメントをしっかり行う等会社も普段から環境を整えておく必要があります。

会社の規模に関係なく、これは一つの責務だと思ってます。

従業員が責任を感じる必要はなし

いかなる理由であろうとも、従業員が辞めていくのは上司や上長の責任と考える方が妥当と言えるでしょう。

必要以上に周囲に気を使って辞めれないのであれば、一度こう言った見方をして視点を変えてみてください。

これまで会社に尽くしてきた面は少なからずあると思いますが、それでもあなたが会社を離れるには理由があると言う事を忘れないようにした方がいいと思います。

参考記事:⇒退職代行で罪悪感を感じる必要は無し!

退職代行を使われた企業の心情

退職代行を使われた企業の心情

ツイッター上にて退職代行を使われた側に近しい意見を探してみました。

一部を下記に掲載します。

この他にも多くのつぶやきがあったわけですが、理由はどうであれ退職代行を使われた企業はそれなりの問題があると認識して欲しいと言う意見が多かったです。

中には、退職代行使われた企業マップを作って欲しいと言う意見も多く、視覚的に問題のある会社だと分かりやすいサービスも世に出てくるかもしれませんね。

[まとめ]退職代行を使われた会社も動揺する

動揺

今回は勤め先の立場から、心象や多いケースをまとめてみました。

昔と違い、今は自分にあった職場を探す事が大事になりました。

終身雇用を希望する社会人はほぼいないと言えるでしょう。

企業側も、普段からこうした従業員の退職に対応できるように、マネジメントに力を入れる、コミュニケーションに注力するなど行う必要があるということですね。

実際退職代行を使われない会社も山ほどあるので、昔と違いただ給料を払うからしっかり働いてと言う文化を継承している会社は淘汰されていくかもしれません。

ある日知らない会社から連絡があり、ウチの従業員が辞めると聞かされたら多くの会社は動揺するでしょう。

大事なのはその先で、双方共に今後の社会生活を正しく行えるように、しっかりと問題と向き合う必要があると思ってます。

今現在退職代行を使おうか悩んでいる方は、使われた側の状況を知るために参考にしてください。

この記事に関するオススメのサービスは?
退職代行ニコイチ

とにかく今勤めている会社を辞めたい、行きたくないと感じているアナタには、有名退職代行「ニコイチ」をオススメします!
成功実績、認知度、無料転職サポートなど、環境を変えようと思っている方にうってつけのサービスがてんこ盛り!依頼料が安いのも魅力です!
弁護士が監修に入っている点も、安心して依頼できるポイントです。

おすすめの記事