引継ぎイメージ

引継ぎをしないで退職代行で辞めるとどうなるか?

女性アイコン

即日退職が魅力の退職代行だけど引継ぎもしなくていいの?

ノーリーアイコン

引継ぎも基本的にはしなくて辞めれるよ!
訴えられる事もほぼ無いかな!

女性アイコン

へぇー!本とにそんなに簡単に辞めれるんだ。
けどやっぱり引継ぎしないと怖いかも。

ノーリーアイコン

確かにね、気持ちはわかるよ。
会社に損害を与えたーとか言われそうだよね。

会社を辞めたくて仕方がない。既に体調もよろしくない。

こういった方々が退職代行を利用するか悩んでいると思いますが、一歩が踏み出せずにいる人も多いです。

申しわけ無いと言う罪悪感もあるでしょうし、上司が怖いなら辞めるのも怖いと言う方もいます。
また、引継ぎに関してどうしようかと悩む人も多いですが、今回は退職代行を使って辞めた場合、訴えられたりするのかと言う点をメインに書いてみたいと思います。

そもそも退職代行で即日辞める事は出来るのか?

そもそも退職代行で即日辞める事は出来るのか?

おさらいですが、基本的に即日退職の要望があれば明日からでも会社に行かないと言う事は可能です。

ここは、勤め先にもよりますが基本的に従業員が会社を辞めると言う事を止める手立ては会社側にありません。

突き詰めれば法律の分野にも話が及びますが、退職をやめさせる抑止力は勤め先には無いと言う事は覚えておきましょう。

後は、退職代行サービスに相談する時点でしっかりと即日退職の要望を伝えておく事です。

可能であれば、早めに相談し退職代行サービス側にも準備の時間を与えてあげる方がベストですね。

受付時間も24時間対応してくれるところが多いですが、返信は朝になってからと言う業者もありますからあらかじめ調べておくようにしましょう。

とはいえ、「明日から会社に行きたくない」と言う気持ちは深夜に襲ってくることが多い物。

突発的に相談した業者が、アナタの要望を100%かなえてくれるところかどうかは気にしてみた方が良さそうですね。

当サイトでオススメできる退職代行は下記になります。

[inter id="187"] [inter id="252"] [inter id="294"]

対応の良さや、ある程度認知度があり評判も良い所をピックアップしてみました。

引継ぎ問題はどう考えるべきか?

引継ぎ問題はどう考えるべきか?

普通は誰かが会社を去る時に、それまで自分の担当していた業務は残された従業員に振り分けていきます。

専任の後輩に逐一教える事もあるでしょう。

この一連のサブ業務の事を引継ぎと言いますが、退職となると必ずついて回る物です。

業種や業界にもよりますが、基本的に一人一人に裁量と責任を持たせ様々な業務に当たらせます。

その人が抜ける事で、業務上穴が開くことになると言う事ですね。

なので、退職を決めて最終出社日を決めたらその日に向かって後輩や同僚に仕事を教える事は普通の事です。

さて、問題の退職代行を使った場合引継ぎはどうするかと言う問題ですが、答えは引継ぎなしでも辞めれるです。

退職代行を使ってまで会社とコミュニケーションを取りたくないと言う事態は、ある意味特異なケースだと思います。

上司がいやだ、同僚に嫌いな奴がいる、それこそいじめにあっているなんて言う理由もあるでしょう。

そんな連中と辞めると決まった後も1、2か月一緒に働くと言うのは苦痛だと思います。

そこまであなたを追い込んだのはそのような環境をよしとしてきた会社だと言えるでしょう。

精神的にも肉体的にも大きな負担を強いてきた会社ですから、罪悪感をそこまで感じる必要は無いと思いますよ。

[inter id="280"]

業務の性質上引継ぎが必要になる時

業務の性質上引継ぎが必要になる時

とはいえ社会人であれば責任感もあるでしょうし、なにより大人としてまるまる投げ出して辞めるのはちょっとと言う方もいると思います。

いくら退職代行を使うとは言え、心が痛むのも理解できます。

また、自分が従事していた業界はどんなものでしょうか?

中には引継ぎをしておいた方が良いと思われる業界や業種もあります

きっちり引継ぎをして辞めるべき業種とは以下の様な物があります。

  • あなたしか有していない特殊技能を使った業務
  • 極端に人員不足の部署に在籍している
  • 経理周りの特殊な案件に対応しているのがあなただけ

この様な場合は、一旦時間を置いて退職後もスムーズに回るように配慮した方が良いと思います。

あなたしか有していない特殊技能を使った業務

制作会社などで、特別なスキルを持っていた場合その担当者が抜ける事で現場は困る事になります。

その技術が特別な物であればあるほど事態は深刻になりますが、伝達教育しておける物ならしておいた方が後々のためになります。

特に直接大きな金額が動く案件に携わっていた場合は、会社側の危惧も減ります。

と言っても、元々その特別な技術力が評価されずに退職に行き着いているケースが多いので、勤め先に良心があるかどうか判断した上で引継ぎをしていくか判断する程度でも良いと思います。

極端に人員不足な部署で働いてた場合

事業部ベースで見た際に、明らかに他の部署より人員が少ない所で働いてた場合は、残された人の負担も考え引継ぎをしておく方がいいと思います。

ポイントは極端と言う形容詞が付いている点で、アナタが退職する事=部署の壊滅になるレベルの話です。

これは罪悪感も大きいですし、退職後に後悔する事も多そうです。

出来るだけ同僚や同じチームのメンバーに迷惑をかけない事も検討してみてください。

経理周りの特殊な案件に対応しているのがあなただけだった場合

これも特殊な状況下での話になります。

そもそも一人に負担を強いるような会社は問題があると言えますが、即日退職をしたことによって経理が立ち行かなくなると、会社の損害に直結してしまいます。

損害賠償を請求される可能性もゼロとは言い切れませんので、あらかじめ周りの人員に引継ぎをすすめて置いた方が無難と言えます。

こうしてまとめてみると、これら引継ぎが必要な状況と言う物も会社の文化や風土に依存している事が分かると思います。

これら業務の管理は基本的に上長陣が行うべきで、下の人間に丸投げしているとしたらそれは良い会社とは言えません。

話が堂々巡りになる様ですが、即時退職出来る事も視野に入れつつ、引継ぎとのバランスを取る事が大切です。

引継ぎなしで辞めた場合損害賠償を請求される?

損害賠償

一番気になるのは損害賠償を請求されないかと言う部分だと思いますが、結論から言うとその可能性はほぼゼロに近いと言えるでしょう。

元従業員に損害賠償を請求すると言う事は、自分たちの育成の仕方にも問題があった事を認める事になり、かつそれを世間に知らしめてしまう事にも繋がります。

会社を辞める権利は従業員に等しく存在しています。

これによって、会社を辞める事自体で訴えられる事はまずないでしょう。

勤め先サイドの見方としては、現実的な部分で裁判にかかるコストも馬鹿に出来ません。

経済的な所もそうですし、なにより裁判は時間がかかる物です。

アナタが退職代行を使って即日退職した場合に、何十億と言う損害を被ったとなれば話は別ですが、そもそも一従業員にそれだけの売り上げを負担させていた点が問題です。

その上で上司の圧力やセクハラなどが横行していたとなると、勤め先側も大きく出れるでしょう。

この様に、損害賠償を起こすにもそれなりの労力や痛みが伴う事が普通です。

その結果、退職していく従業員に対して必要以上に追い詰めるような事はまずしないと考えられます。

世の中の退職代行サービスに関しては、損害賠償を起こされたケースがあるかが問題視されてきていますが、現在までにこの様な事態がニュースになった事はありません。

退職代行を使って会社を辞めたとしても、訴えられるかもと言う心配は不要だと言えますね。

[inter id="397"]

退職代行を使って引継ぎなしで辞める事のまとめ

退職代行を使って引継ぎなしで辞める事のまとめ

こうしてみると、本来普通にある引継ぎも思ったより気にしなくていいと言う結論に達します。

時代の流れでしょうか、ネットなどで様々な情報が手に入りやすくなったために、自分の会社の悪い所も明るみに出やすくなりました。

その上で、自分の置かれている環境を振り返った時に、会社に貢献する必要があるのか、上司からのいじめやパワハラに耐えていないか等が焦点になってきます。

残される従業員に対して引継ぎを行う事は当たり前と言った意見もありますが、それがまかり通らないぐらいブラックな会社に勤めていた場合は、必ずしも必要では無いと思います。

なにより自分の生活や体調を優先しましょう。

体や精神を病むような職場は一刻も早く退職するべきです。

そのために退職代行サービスが存在していると考えると、利用する側も気軽に依頼できるのではないでしょうか。

おすすめの記事