退職代行失敗を避けるポイント
ノーリー
退職代行で会社を辞めようと思った時に、失敗したくないと考えますよね。

退職代行に依頼したのに、結果的に辞める事が出来なかった事態は、皆避けたいと考えます。

 その対策は、しっかりと事前にポイントをおさえておくだけ。

この記事では、退職代行の失敗を回避するポイントを書いていきます。

読む事で、退職に関する不安は緩和されますよ。

退職代行で失敗しないためにどこをチェックするか

退職代行で失敗

基本的に退職代行における失敗は無いと言えます。

それは退職の権利は全従業員に認められたものであり、退職の意思を伝えられたら勤め先もそれに応じる義務があるからです。

過去何度も退職代行を利用したと言う方はそんなに多くないと思いますが、肝心なこれからお願いしようと考えて居る人達には不安な点が多いと思います。

今回は、そんな退職代行を選定する際に大事なポイントを幾つか紹介しようと思います

何社か見ていると、大体の傾向や共通している点も分かって来ると思います。

その中で自分に合っていると思われる退職代行業者に依頼しましょう。

退職代行で想定される失敗とは

退職代行失敗

何をもって失敗とするかと言うと、

 「依頼したのに退職出来なかった」

これをケアする必要があります。

退職代行を依頼しようとしている方は、殆どの方が会社に行きたくないし、退職を切り出せないと言う状況に陥っています。

そこを代わりに効率よく代行してくれるのが退職代行ですから、そもそも退職出来ませんでしたではお話になりませんよね。

これを元に、ここでの失敗の定義とは退職出来なかった状況を指す事とします。

その他として、詐欺業者に当たってしまって法外な費用を振り込んでしまったと言うはなしや、勤め先ともめて長期的にやりとりをする必要が出てしまった等が考えられます。

退職代行での失敗トラブルの数は多くない

最初に書いておきますと、2019年の9月現在では、まだこの様なトラブルに発展した失敗談は、表立って出てきていません。

これらの様な事態が起きる可能性は限りなくゼロに近いです。

世の中の退職代行業者ごとあらかじめケアしている点でもありますので、そこまでナーバスになる必要は無いと言えるでしょう。

その上で、万が一不測の事態を避けるのと、あらかじめ懸念点を少しでも払拭しておくための選定チェックポイントを幾つか書いてみたいと思います。

今まさに会社に行きたくなくて仕方ない、明日の仕事すら何とかならないかと考えている方々は、参考にしてほしいと思います。

退職代行サービスのここをチェック!

退職代行サービスのここをチェック!

退職が失敗するということはほぼ考えられませんが、自分の時に限って失敗したら嫌だと考える社会人は多いです。

そのような状態にならないためにも、退職代行サービスの選定時にチェックするべきは公式サイト内の情報です。

そのポイントは大まかに下記の項目になります!

ここがポイント

☑成功率が大きく明示されているか
☑弁護士が代行対応してくれるか
☑途中でメディア掲載の実績が載っているか
☑またそのメディアは有名なものか
☑利用者の声は数が多いか

まずはこの5つのポイントを注意してみましょう。

成功率が大きく明示されてるか

ある程度認知されている退職代行サービスでは、公式サイト内に大きく成功率が書かれている事が多いです。

概ね100%に近い数値が載っているかと思いますが、この数字の掲載位置や大きさなどを見てみましょう。

ファーストビューと呼ばれるページ内の頭の方に大きくあり、かつ文字のサイズもでかでかと書いてある公式サイトであれば失敗はしないと言えるでしょう。

弁護士が対応してくれるか

退職代行サービスは、退職の意思を代わりに伝えてもらう事は出来ますが弁護士資格を持たない人はその他の交渉は出来ません

これはもし勤め先が素直にあなたの退職に応じず、交渉がこじられると弁護士が対応してくれる方が圧倒的に有利となります。

費用は若干高くなる傾向がありますが、万全の状態を想定するなら代行を弁護士が行ってくれるかどうかを公式サイト上で確認しておきましょう

途中でメディア掲載の実績が載っているか

有名な退職代行サービスであれば、公式サイトの上部から中盤にかけて過去のメディア掲載実績が載っている事が多いです。

載っていないからダメな退職代行とはなりませんが、メディア掲載の実績が多いという事はそれだけ信頼度は高いと言えるでしょう。

メディアの数や、コンテンツの大きさ、目を引くか等を一つの指標とすることでその退職代行が認知されているかが分かります。

またそのメディアは有名なものか

上記に紐づいて、その各種メディアは有名な物かどうかを見てください。

聞いたことの無い雑誌や見たこともないテレビ番組ばかり載っていても、それは信ぴょう性に欠けると思います。

一度は耳にしたことのある雑誌名や、有名なメディア名がたくさん並んでいるようであれば信用度は高いと言えるでしょう。

webメディアであれば退職代行名とメディア名を組み合わせてググる事で過去の記事が検索にヒットすると思います。

どの程度有名なメディアに載っているかで、その退職代行の認知度も図ることができます。

利用者の声は数が多いか

公式サイト内に過去利用した人の感想が載っている場合があります

その数が多ければ、実際にその退職代行を利用した人が多いという事になるので、実績もあり失敗する可能性は低いと言えるでしょう。

ただ、この手の「お客様の声」コンテンツはいかようにも作る事が出来ます

チェックポイントとしては、直筆の文字を画像にした物が掲載されているかを見てください。

これは、実際に書面のもの=リアルな物の可能性が高いという事になります。

コンテンツの中身をよく見て、数と内容を確認してみると良いですよ。

チェックして見ることが大事

ここで上げたポイントはあくまで一例であって、これを網羅していない業者はダメと言う事ではありません。

失敗しないという観点では実績や信用度が重要ですので、チェックする事で安心できると言えますね。

その他のポイントとして、サイトのクオリティが著しく低い業者は避ける、且つ名前を聞いた事がないような業者であれば避けた方が無難と言えるでしょう。

また、無いとは思いますが運営会社等が明記していない退職代行は利用しない方が良いと思います。

殆どのサイトではきちんと明記されていますが、どこが運営しているかわからない業者は怪しさが付きまといますね。

以下に当サイトでもおすすめの退職代行業者を幾つかピックアップしておきました。

参考にしてみてください。

この3つの退職代行は、先日当サイトで掲載したランキングのトップ3になります。
名前も有名で、もちろん実績も多々ありますから、安心して依頼する事が出来ると言えます。

ここがポイント

公式サイトを見て幾つかのポイントを意識して見てみましょう。信頼性や安心感につながる実績があるかどうかが重要になります。

退職代行の失敗を避けるためにこちらでも準備を

退職代行の失敗を避けるためにこちらでも準備を

ここまでは退職代行側の失敗を避けるために、優良なサービスを選定するためのポイントを書いてきました。

では、依頼者側で失敗を避けるためにすできることはあるかと言うと、事前に準備をしておく事で代行の実施がスムーズに進む事もあります。

退職代行の大きなメリットとして、即日退職も可能と言う点が挙げられますが、おすすめする方法としてはあらかじめ事前に退職代行サービスと最終出社日などを決めておく事です。

つまり、よほど追い詰められて突発的に依頼する事以外は、前もって無料相談、お申込み、入金などを進めた上で何日後に実行するか決めておくと言う手法ですね。

何より、心もちが違います

その日に至るまで出社している中で、退職後に勤め先と揉めないためにやっておいた方がいい業務なども区切りがつけれます。

残された人の負担を考えて、ひそかに引き継ぎ書等を作っておくことだって可能となります。

この様に、最終的にはいきなり会社に来なくなるかもしれませんが、配慮したという痕跡を作っておけば大分話は違ってきます

業者側との打ち合わせでは、時間も取れるのでより詳細に詰める事も出来ます。

気になっている点や、心配な点はしっかり相談して後腐れがないように事前準備はできるだけしておいた方が得策と言えるでしょう。

ここがポイント

依頼者側でも、退職が失敗しないように事前に準備を進めておく事をおススメします。多少の余裕があるのであれば、事前に退職代行を実施する日を業者と決めておくのも手です。

こんな退職代行は気を付けましょう

こんな退職代行は気を付けましょう

退職代行の黎明期には、今ではどこも行っていないサービスを盛り込んでいた業者も存在します。

グレーな部分でもありますが、現在でも下記の様な対応を行っている業者であれば少し注意した方が良いかもしれません。

  • 追加料金が発生する
  • 費用が安すぎる
  • 身内になりすます

現在業界で名の通った退職代行サービスは、これらの行為を行っていないと思います。

公式サイト上にも記述がないですし、あえて相談の段階でこちらから聞いて確認するのも手だと思います。

追加料金が発生する

基本的にほとんどの退職代行サービスでは、実施にあたり追加料金やオプション料金が発生する事は稀です。

サイト上に明記してある金額を振り込めば、あとはそれ以上の金銭は発生しない事が普通ですが、「〇〇を行うならプラスいくら」と言うような手法を取っている退職代行は怪しいです。

まだ業界の中で詐欺業者の存在は話題になっていませんが、ひょっとしたらと言う事も考えられます。

注意しましょう。

費用が安すぎる

一般的な退職代行の相場は30,000円から50,000円程が妥当です。

安い所ですと29,800円で対応してくれる業者も存在しますが、大きくこの金額を下回るサービスの場合は注意しましょう。

大幅に費用が安いという事は、それだけでサービスの質が悪い可能性もあります

場合によってはずさんな対応をされるかもしれません。

身内になりすます

退職代行が世に出てきた当初は、親になりすまして勤め先に連絡するというサービスも一部であったようです。

この場合、連絡をもらった勤め先としてはそこまで強気に出れませんし、親御さんからの連絡で息子娘が「体調を壊して~」 と言われたらさすがに何も言えません。

冷静に考えると、この手法は虚偽になるのでおすすめできませんし、後々問題になるという事で現在ではどこも行っていません。

退職代行サービスを選定している中で、親などへのなりすましを打診してくる業者であれば回避した方がよさそうですね。

ここがポイント

今後退職代行業界にも詐欺に近しい行為をする業者があらわれるかもしれません。ここに書いた怪しむポイントも知っておくと良いと思います。

退職代行で失敗しないためのチェックポイントまとめ

退職代行で失敗しないためのチェックポイントまとめ

今回は初めて退職代行サービスを利用しようと考えた際の、失敗しないためにチェックするポイントを幾つかまとめてみました。

基本的に名前の聞いたことのある退職代行、テレビなどのメディアで見たことのある業者であればまず失敗はしないと思います。

当サイトで紹介している業者は全て優良且つ安心して利用できる業者になりますし、ケアする意味合いとしては、依頼者側の不安点をさらになくすためのポイントだと思ってください。

この記事に関するオススメのサービスは?
退職代行ニコイチ

とにかく今勤めている会社を辞めたい、行きたくないと感じているアナタには、有名退職代行「ニコイチ」をオススメします!
成功実績、認知度、無料転職サポートなど、環境を変えようと思っている方にうってつけのサービスがてんこ盛り!依頼料が安いのも魅力です!
弁護士が監修に入っている点も、安心して依頼できるポイントです。

おすすめの記事