退職のススメ

退職代行「退職のススメ」は一番安い!

退職のススメって退職代行はめっちゃ安いってほんと?
そうだね、業界最安値の25,000円で代行してくれるよ!

新たな退職代行「退職のススメ」の詳細が気になる方へ、今回はおすすめ出来るポイントをピックアップして6選としてみました。

他の退職代行の良いところも踏襲しつつ、独自のサービスも展開してます。

人材関係の会社が運営していることもあり、悩める退職希望者のニーズに応えてくれる退職代行です。

依頼価格一律25,000円

⇒依頼してみる

退職のススメは業界で一番安い!?

退職のススメは業界で一番安い!?

公式サイト上にも大きく書かれていますが、かかる費用は現在業界内で最も安い25,000円です。

大体30,000円を切った業者は安いと言えるでしょう。

最安値の金額は29,800円に設定しているところが多く、そこと比較してもさらに5,000円程安くなっているのは驚異ですね。

特に突発的にすぐ辞めたいと思い立つ人や、既に心身が限界を迎えてい社会人の方は、まとまったお金もパッと用意できない状況も考えられます。

出来るだけ安い業者で、しっかりとしたサービスを受ける

これが退職代行を選別する際には重要なポイントになりますが、退職のススメはそこをクリアしてると言えるでしょう。

今後業界で価格破壊が起きたり、もっと安い業者が出てくることも十分考えられますが、それでも退職のススメが現在では一番安く、その点で認知され始めてきている印象もあります。

とにかくお金がないと言うかたは、迷わず退職のススメを利用してみるでもよさそうですね。

退職のススメポイント1選目、特定のスタッフに相談できる

退職代行のスタッフ

退職代行業界でありそうでなかったサービスが、特定のスタッフに依頼が出来る点です。

相談を踏みとどまってしまう人の多くは、どういう人が勤め先に連絡してくれるか分からないからと言う意見も多いです。

スーパーに陳列されている「このピーマンは私が作りました」ではないですが、顔が見える方が安心感も増しますよね。

それと同じ原理です。

退職代行も、スタッフの顔や人柄を見た上で相談出来る点は、従来の悩める社会人にとって大きなメリットではないでしょうか。

>>公式サイトを見てみる

例えば男性スタッフに相談しづらい女性のユーザーは、サイト上に掲載されている女性スタッフに向けて相談する事も可能です。

このスタッフに相談」のボタンを押すと、最下部の相談フォームに移動しますが、お問い合わせ項目の中に要望を伝えるとよいと思います。

退職のススメは、見たところ弁護士対応の退職代行ではないようですが、監修にはしっかり入ってるので信頼度も高いです。

万が一勤め先とトラブルになっても、しっかり対応してくれる旨も書いてあります。

退職のススメポイント2選目、人材派遣会社が運営元

人材派遣会社

心強いのは、運営会社が元々人材派遣の会社だと言う点です。

人材派遣や紹介事業の中でためた知見が、そのまま退職代行に活かされてます。

会社を辞めたいと悩む社会人の声も人一倍聴いてきた会社だと思うので、どの様な悩みを多く抱えているか把握済みでしょう。

これにより、効率のよい代行を行ってくれるだけでなく、要望に沿った上で勤め先に伝えてくれます。

要は場数をこなしている運営会社と言う事になりますね。

この手の実績は、業者を見極める上で大事になってきますが、退職のススメは実績、信用ともに高いと言えます。

退職のススメポイント3選目、再就職サポート

再就職サポート

さすが人材会社だけあり、相談者の再就職のサポートも行ってくれます。

給与額や条件面に関して、可能な限り依頼者の要望に沿って交渉を行ってくれます。

驚きなのは、依頼者自ら見つけてきた転職先に対しても同様の交渉を行ってくれる点です。

実質ここがオススメポイント第3選の肝にもなりますが、既存の待遇の1歩も2歩も上の条件で新しい環境に進むことが出来れば、大きな成功と言えるでしょう。

もし次の職場でも退職代行を利用するとなった際も、過去依頼していれば無料で対応してくれます。

いわば退職代行費用永久無料になると言う事です。

もちろん、退職のススメを通して新しい就職先を見つける事も可能ですし、退職代行だけでなく再就職のサポートも手厚く行ってくれる点は強くお勧めできるでしょう。

退職のススメポイント4選目、失業保険取得サポートあり

失業保険取得サポート

あまり他の業者で目にしないサービスですが、希望者には失業保険の取得サポートも行っています。

雇用保険ともいいますが、これは特定の条件を満たしている社会人であれば、退職に伴い給付金を得る事ができる保険です。

公的保険制度の一つでもあるので、条件や状況に応じては利用しない手はありません。

次の職場がなかなか決まらなそうな時や、すぐに動けない場合は効力を発揮するでしょう。

本来手続きは、該当するハローワークで行う事が一般的ですが、最初に手続きを行う必要があります。

だれでも簡単に支給されてしまうと保険の意味をなさなくなってしまいますしね。

退職のススメでは、この手続きのサポートも全面的に行ってくれます。

見方によっては、退職代行にかかった25,000円も取り戻せる形になるんです。

一点注意するところは、前職期間等により特定の条件を満たしていないと対象とはなりませんので、気を付けましょう。

利用する予定の方は、相談時に触れておくといいと思います。

退職のススメポイント5選目、有給取得サポートあり

有給取得サポート

退職代行で良くある話として、残有給休暇の取得はどうするかと言う問題があります。

本来特定の期間勤めていれば、会社から有給休暇は一律支給されてるはずです。

法律上も、社員が有給休暇の申請をした場合会社側は認めないといけないので、有給が使えないと言う事はあり得ません。

しかし、退職代行を使って辞める際は本人か弁護士資格を持つ人しか交渉ができず、ここがよく問題となっています。

退職のススメでは、交渉はできないまでも未消化の有給休暇は取得に向けて協力してくれますので、依頼者が気持ちよく退職に漕ぎつけられる可能性が高いです。

この辺りは監修に入っている弁護士のサポートも受けられるとのことなので、ほぼ高確率で取得できると思われますよ。

私も経験がありますが、有給が多く残っていてそれを使えずに辞めてしまうのはもったいないので、極力全部使うつもりで臨みましょう。

退職のススメポイント6選目、全額返金保証

全額返金保証

退職のススメは成功率100%を誇る優良の退職代行です。

何かしら予測していない事態がおき、万が一退職が成功しなかった場合も費用は全額返してくれます

多くの退職代行で取り入れているこの全額返金保証ですが、これがついてれば余計な心配をせずに依頼する事が可能になります。

よほど問題がある企業でなければ退職に応じない事は考えられませんが、中には首を縦に振らない企業が存在するかもしれません。

結果退職がうまくいかなったとしても、経済的にマイナスになる事はありえないサービスなんです。

退職代行費用は決して安い物ではありませんから、うまくいかない時は手元に戻ってくるとなると心理的な不安も軽減されます

退職のススメに限らず、全額返金保証がついているか否かをみるのは、一つのチェックポイントだと思ってください。

>>公式サイトはコチラ

退職のススメのその他のメリット

退職のススメのメリット

退職のススメにお願いして、勤め先に退職の意思を伝えてもらう。

この中には上記であげたオススメポイント6選の他にもメリットがあります。

全国対応も可能

公式サイト上には、割と大きめのフォントで記載がされていました。

仕事に悩む社会人は全国津々浦々に存在します。

地方だろうが大都市だろうが関係ありませんよね。
ブラック企業が存在する所に、悩める社会人アリと言うことです。

公式サイトを通じて、相談やお申し込みはどこからでも行う事が出来ます

退職代行の良い所は、依頼者も運営会社を訪れることなく勤め先を退職出来る点です。

退職のススメは、全国どこからの相談も快く受けてくれるので、どこに住んでいても一律申し込むことが出来ます。

具体的には、運営会社が提携している人材会社、派遣会社が47都道府県に存在しますから、そこを中継して話を進める事が出来ます。

退職代行自体は、恐らく電話さえあればどこからでも実行できますが、主に再就職のサポートは各都道府県で受ける方が効率が良いでしょう。

退職のススメは、社会人の次の職場までしっかり考えてくれている事がここでも伺えます。

再就職の支援実績は業界No.1の10,000件

これは非常に心強い数字で、ただ退職させてくれるだけだけは無いと言うことです。

かねてより人材関係の業務を行っていた背景もあり、再就職支援の実績は既に10,000件もあるようです。

転職を希望する人のニーズは千差万別あると思いますが、過去の実績を元に個人個人にあったサポートを展開してくれます。

もし次の仕事のあてもまったくない。

けど、とにかく今の会社にはもう行きたくないと強く悩んでいる方がいたら、まずは相談をしていてはいかがでしょうか。

相談自体は無料で行えますから、ただ悩んでいるよりも話をしてみた方がメリットを体感できると思いました。

最短即日退職も出来る?

退職代行を使いたいと考える人の多くは、既に会社に対して恐怖やあきらめを持っていると思います。

辞めたいのに辞めれない、話を聞いてもらえない、退職を切り出したら怒られた。

これらが要因となって、仕事もつまらないし会社にも行きたくないと追い詰められてるはずです。

退職のススメでは即日の対応をモットーとしていて、要望に沿って最短で動いてくれます

相談日が休日でも深夜でもオッケーとなっているので、思い立った時にすぐに相談する事でその後の展開も思わぬスピードで進みそうです。

即日退職を希望する人全員がすんなり事が運ぶとは言い切れませんが、有給休暇の残日数や個人毎の状況、後は勤め先の出方で可能となります。

会社の人と会わずに辞めたいと考える人も多いので、即日から行かなくて済むとなるとこれも大きなメリットになります。

>>申し込みはコチラ

離職票の送付などは全て退職のススメが行ってくれる

離職票の送付

個人的に特筆したいのは、退職に関する手続き系は全て代行してくれる点です

以下の項目をご確認ください。

  • 退職届の提出
  • 会社貸与物の郵送
  • 離職票の発行申請

これらは、退職代行に依頼すると「どうすればいいの?」と疑問に思う人が多い項目です。

基本的に、退職届は自身で郵送するパターンが一般的となっています。

業者によってはひな形やテンプレートを用意してくれていて、参考例を元に自身で記入する。

その後勤め先に宛てて送る事が多いのですが、これも代行してくれるとの事です。

会社貸与の品物も一緒ですね。

退職時には自身の手にある物は、すべて返却する必要がありますが会社の人に会わずに辞めるとなると、それを持って会社に再訪する事はありません。

必然的に自分で送る事が通例となっていますが、退職のススメでは代わりに行ってくれます。

最後の離職票ですが、次の職場でも必要になるものです。

会社によっては郵送で送ってくるまで時間がかかったり、最悪の場合嫌がらせとして着手してくれないケースもあります。

そのような事がないように、あらかじめ退職のススメがしっかりと促してくれるので、面倒なトラブルや応酬も発生せずに済みます。

これらすべての手続きを行ってくれる業者は稀ですので、実は特筆すべき一番の推しポイントはここだと言っても過言ではないレベルです。

特に会社に問題があり、これらの手配に時間がかかりそうであるならあらかじめ相談の時点で伝え、最後まで対応してもらう方がかかる時間のコストは削減できるでしょう。

退職のススメにデメリットはあるのか?

デメリット

メリットがあるならデメリットも気になるのでは?

有名な退職代行業者でも少なからずデメリットはあるものです。

今回記事を書くに当たって、退職のススメのデメリットはどんな物があるか調べてみました。

サービス自体がまだ日が浅い

強いて言うならば、認知度や退職代行としての実績はまだ大手には一歩及ばない印象です。

認知度が高まれば自然と利用者が増え、その分実績も伸びます。

実績が伸びれば認知度も上がり、利用者も増えると好循環を生み出しますが、現時点ではまだその本流に乗れていない感じがしました。

ただ、このデメリットとも言えないほどの課題は時間が解決してくれる部分でもありますし、今後の運営の仕方でメディアに取り上げられるなど飛躍的に伸びる事も想定されます。

この記事で今退職代行選びに悩んでいる人のハードルを下げれればなおいいかなとも思いました

退職のススメの気になる評判や口コミは?

退職のススメの気になる評判や口コミ

ツイッター上では実際に利用した方の体験談は見つける事ができませんでした。

公式アカウントも見当たらなかったので、SNSでの宣伝などもこれから本腰を入れていかれるのかもしれません。

ただ、内容で勝負している印象も受けたので、ストイックな退職代行として好感を持てました

以下は公式サイト上の利用者の体験談になります。

27歳女性 派遣社員4年目

職場でのいじめ
思っていたよりキツイ労働ばかりさせられた
とにかく上司や同僚とは顔を合わせることなく仕事を辞めたいと思い、その希望を第一に考えてもらった。書類の準備や会社から借りていたものの返却なと、全て請け負ってくれた。次の仕事に関する相談にも乗ってもらえて安心できた。

引用元:退職のススメ

32歳男性 正社員5年目

上司からのパワハラにうんざりしたから
辞めたいのに辞めさせてもらえなかった
引き止められるため第三者に依頼したが、今まで止められていたのがウソのように簡単に聞き入れてもらえた。
失業保険の支給の仕組みや申し込み方法の相談にも乗ってもらえて満足している。

引用元:退職のススメ

40歳男性 正社員8年目

サービス残業ばかりで身体を壊してしまった
家族との時間がもっと欲しくなった
有給が3か月たまっていたのて、有給をとってから退職したいという相談をした。
無事に有給がとれたため、依頼をした次の日から通勤しなくてよくなった。有給消化後、すぐに退職できた。

引用元:退職のススメ

これらの体験談を見ると、切実な内容の物が多い気がします。

特に体調を壊すような激務を強いる会社を退職できたのは、依頼者にとって前進だと言えるでしょう。

ブラック企業に代表されるように、問題のある会社に長く続ける事は得策ではありません。

セクハラパワハラ等の精神的にダメージを被る職場なども一緒で、勤めている間に心身に支障をきたす会社は退職代行を使って即辞めるべきだと思います。

実際退職のススメにも、上で乗せたような体験談が来ています。

似たような境遇で悩んでいる方は、これらを参考にして相談に踏み切ってみてはどうでしょうか。

退職のススメの利用の流れ

退職のススメの利用の流れ

退職のススメを利用する際の、一連のおおまかな流れを見て見ます。

基本的な流れは一般的な退職代行業者と同じです。

最短3つのステップで退職が完了するシステムになっています。

  • 電話かLINEにて無料相談
  • 申し込み、入金
  • 退職代行実施

なにはともあれ、最初はこちらから相談をする必要があります。

電話LINEを使って、専門のスタッフに状況などを報告します。

特定のスタッフにお願いしたいのであれば、このタイミング時にお願いしてみると良いでしょう。

公式サイトの下部にはお問合せフォームもあります。

こちらは、送信しておけば内容を確認した上でスタッフから連絡が来ます。

次に特筆すべきは、入金事項に関してです。

退職のススメでは追加料金は一切かからないシステムとなっているので、必要になる費用は最初にも書いた25,000円のみです。

オプション料金や、後で請求される事も無いので安心して依頼しましょう。

入金確認が取れれば、退職のススメが実行してくれます。

アナタに代わって勤め先に退職の意思を伝え、その他つたえておくべき項目があれば同時に対応してくれるでしょう。

退職のススメの運営会社を見てみよう

退職のススメの運営会社
※イメージです

退職のススメは、元人材関連の事業をメインに行っていた会社だと書きましたが、運営元は「株式会社ワークナビ.com」になります。

http://jp-worknavi.com/

主に人材派遣を行い、様々な業界に精通しているのが強みの会社ですね。

会社のサイトを見た所、退職代行と同じくコスト面や手続きなど痒いところに手が届くサービスを主軸で展開しているようです。

再就職支援成功実績が高いのも、こう言った企業理念や事業に裏打ちされたものと言えるでしょう。

会社名株式会社ワークナビ.com
代表者久保田長成
住所●東京オフィス 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目19-10 田中ビル 1F
● 名古屋オフィス 〒457-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通8丁目16 第2小林ビル 4F
● 仙台オフィス 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町17-19 ラサキビル二日町 4F
● 埼玉オフィス 〒360-0853 埼玉県熊谷市玉井5丁目1 ウィンウィル光ビル 201
● 沖縄オフィス 〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町1丁目147-1 サントピア城北 303
設立2013年12月5日
事業内容一般労働者派遣業 派23-301400
関連会社株式会社ワークナビ.com名古屋北 / 株式会社ワークナビ熱田 / 株式会社ワークナビ一宮 / 株式会社ワークナビ大府 / 株式会社HY / 株式会社eggs promotion

退職のススメの詳細まとめ

退職のススメの詳細まとめ

今回は退職代行業界の中でも新しめの業者、「退職のススメ」の内容を取りまとめてみました。

こうしてみてみると、他にはない特化した部分があったり、ユーザーの悩みにピンポイントで対応してくれる良い業者だと思いました。

特に価格は業界で一番安く、正社員でもアルバイトでも一律同じ安価で依頼する事が出来ます。

これから認知度が高くなっていく事も想定されますし、再就職の支援も受けたい方は是非相談をしてみてください。

>>退職のススメに申し込む

おすすめの記事