退職代行ギブアップ

退職代行ギブアップについてまとめてみました

退職代行ギブアップの詳細について教えてくれる?
費用とかサービスの特徴とか。
オッケー!じゃあ今回は退職代行ギブアップについて色々まとめてみるよ!
最近退職代行サービスでギブアップってどんな感じですか?
って聞かれる事も増えてきたのよ。
確かに最近色々なサイトで目にする様になったね!
自分に合った退職代行を見つけるために知っておくことは大事だよね!

退職代行=自分の代わりに勤め先に「会社を辞めます」と伝えてくれるサービスと言うのは大分認知されてきました。

最近では様々な退職代行サービスが世に出てきた事もあり、仕事に悩んでいる人にとってもいかに自分に合った業者を見つけるかが重要になっています。

今回は、新進気鋭の退職代行サービス、ギブアップに関して書いてみようと思います。

依頼金額一律30,000円
2回目以降5,000円引き

>>退職代行ギブアップを見てみる

退職代行ギブアップとは?

退職代行ギブアップとは?

退職代行ギブアップは、業界の中では割と新しいサービスになります。

後発である分、他の退職代行のサービスを加味した上で、依頼者にお得になる部分が付与されている印象です。

現在の運営元は、企業ではなく個人事業主さんが行っているサービスになります。

一説には、元々退職代行業界で勤続されていた方なんだとか。

当時退職代行を受ける中で、ユーザーの悩みに対して「もっとこうしたいない」とか「こうあるべきだ」と言う想いを持って立ち上げたサービスです。

この事から、依頼している来る方の悩み解決を大前提に作られていると思います。

この辺は、現在会社に行きたくなくて悩ん出でる方には心強い点ですね。

上司に会いたくない、辞めると言い出せない、もう明日にでも会社に行きたくないなど、退職にまつわるストレスは増える一方の社会になりました。

少しでもストレスを軽減して、次の職場に繋げる事がこれからは大事になってくる時代だと個人的にも思います。

ギブアップは、その点も考慮している退職代行だと言えるでしょう。

>>退職代行ギブアップを見てみる

退職代行ギブアップの気になる費用は?

ギブアップの費用は?

まず、気になる費用に関してです。

冒頭でも書きましたが、ギブアップでは正社員やアルバイト等雇用形態を問わず、一律1依頼30,000円となっています。

追加料金は一切かかりません。

この金額は、業界の中ではかなり安いと言えるでしょう。

相場が30,000円から50,000円の業界なので、この数値間で見ると非常にリーズナブルです。

毎日1,000円ほどのランチを食べていると考えた場合、一か月のランチ代で会社を辞めれると言うイメージになります。

直接弁護士事務所に依頼した場合は、この金額の10倍ほどになる事も。
そう考えると、やはりユーザー目線で考えられている料金設定です。

ユーザーの依頼数が増えてきているのも、この価格による部分は大きいと思いました。

会社を辞めたい悩みとくっついて、金銭的な悩みを抱えている人は多いでしょう。

ふところ事情にもダメージがいかない様にする事はこのタイミングでは大事な事です。

また、退職をすると言う事は転職もすると言う事。
次の会社でどれほどの給与をもらえるか分かりません。

退職代行を使う方々は、主に即日退職を希望されます。

これは、あらかじめ退職日を設定して転職を行う時間が無いと思うので、今後の生活費や生活環境を維持するためには、やはりお金は大事なターンだと心得ましょう。

これらの理由により退職に踏み出せない方には、退職代行ギブアップ正にオススメの業者ですね。

退職代行ギブアップのメリットは?

退職代行ギブアップのメリットは?

では次にギブアップに依頼する事のメリットを見てみましょう。

各退職代行サービスにも、それぞれメリットが存在しますが、ギブアップの場合は主に下記の物が挙げられます。

  • 非弁行為に当たらない様に気を配っている
  • 営業時間は無くいつでも相談が可能
  • 次の職場で困っても割引がある

これらが強みでもあり、一つ一つがユーザーの悩み解決にもつながっています。

非弁行為に当たらないために顧問弁護士から指導を受けている

やはり退職代行サービスは、一歩間違えると法に抵触するリスクも存在します。
非弁行為については過去に下記の記事で書いてますので参考に。

今のところ、非弁行為でニュースになった業者などはありませんが、本来一般の方が退職にまつわる交渉はする事が出来ません。

そのため、最近では弁護士の監修をキッチリ入れた業者も出てきましたが、ギブアップでは顧問弁護士の指導を受け、適切な対応を心がけてくれます

今後は、退職代行業界自体でこの非弁に関するリスクは高まる可能性もありますから、あらかじめ考慮して対応してくれているサービスは心強いです。

ギブアップ運営者の方も、元々退職代行業界に勤続していた経緯もあり、非弁に対する事象に詳しいんですね。

実際に現場で培ったリスクヘッジですから、信頼度が高いサービスです

相談はいつでも可能な限り対応してくれます

公式HPを見ると、特に営業時間の明記はありませんでした。

これは、24時間365日いつでも相談に乗ってくれると言う事です。

日曜の深夜や、連休明けの初日など社会人にとってはより一層会社に行きたくない日と言う物が存在します。

元々退職をしたいのに辞めれないと悩んでいて、この様なタイミングで気持ちが爆発した時にでもすぐに対応してくれると言うのは大きなメリットですね。

他の業者でも一応営業時間を設けている場合が多いです。

幾つかの業者で「いつでも相談可能」にしている所もありますが、決して数は多くありません。

退職に悩むユーザーが連絡する時と言うのは、思い立って決心した時ですからその際にすぐに連絡が付く点はメリットと言えるでしょう。

可能な限りと書いてあるのは、物理的にすぐに連絡できない場合もあると言う事です。

確実性を持たせるなら、やはり日中等のサービス業が皆営業している時間を狙いましょう。

次回退職代行依頼時は割引が効く

ギブアップのもう一つのメリットは、二回目の利用時に5,000円の割引が適用される点です。

二回目と言うのはどういうことかと言うと、次の職場もブラックだった、めちゃめちゃいやな人がいる、入社した後で給与面などが違った等。

明らかにすぐに辞めたくなった時の事です。

残念ながら現代でも上記の様な不備がある会社は多く存在します。

私も過去、大手一部上場している企業に勤めていた経験がありますが、驚くほど人の質が悪かったのを覚えています。

この様に、会社と言う物は入ってみないと分からない事も多々あります。

そこで自分の価値観と決定的に違ったらどうするか?

前回も退職代行で辞めていて、今回はどこの業者に依頼しよう?と悩む必要は無いと言う事ですね。

前回もギブアップに依頼したなら、今回も又依頼すればその際に割引が適用されるんです。

万が一転職した先もブラックだったら、この割引を利用するのも手ですね。

この三つの点がギブアップのメリットだと思います。

どれもが退職代行には欠かせない点ですが、本来依頼を受けて会社を辞めると代わりに伝達するサービスなのに、ここまでアフターフォローが効いているのがギブアップの良い所です。

>>退職代行ギブアップを見てみる

退職代行ギブアップには他にもオススメポイントが

ギブアップその他のオススメポイント

ギブアップが持つ他の業者には無い特徴の一つに、他のサービスと併用する事で実質依頼料金が0円になると言うポイントがあります。

具体的には、提携する給付金サービスと、その後の転職に生かせるサービスの二つです。

これらを上手く使う事で、最大で最初に依頼した時の30,000円がタダになる可能性があると言う事です。

タダでサクッと嫌な会社を辞めれて、その後の転職などにも生かせる。

ここまでのアフターサービスの手厚さは、他社より頭一つ出てると言えます。

さらに最初の依頼料に関してですが、クレジットカードの分割払いにも対応しています

もし30,000円が現状痛手で、会社を辞めれそうになりと言う方は分割で払って依頼する事も出来ます。

過去の実績として、ギブアップでは有給休暇取得を断られた事が無いと言う情報もありました。

本来会社側と依頼者側の要望が合わず、有給休暇残日数の取得交渉が発生すると弁護士の管轄となります。

非弁行為に当たってしまうからですね。

しかし、少なくともこの記事を書いている2019年7月時点では、まだ勤め先と有給休暇取得の話で揉めたりした事は一度も無いようです。

業界を知り尽くした業者だからこそ可能なのかもしれませんね。

ギブアップのデメリットは?

ギブアップのデメリットは?

デメリットに関しても色々と調べてみました。

特に注目する物は見たありませんでしたが、強いてあげるなら下記の点でしょうか。

  • もっと安い業者も存在する
  • 運営会社が株式会社等の企業ではない

搔い摘んでみていきましょう。

業界最安値のサービスではない

ギブアップの利用料金は一律30,000円です。

この金額は、先ほど業界相場観でかなり安い方だと言う事は書きましたが、世の中上には上がいます。

まだまだギブアップよりも安い価格で依頼を請け負ってくれる業者も存在すると言う事ですね。

決して数は多くありませんが、この金額よりも安いと言うのは心も揺れてしまいます。

自分の現在の経済状況や、各業者ごとのサービス内容と照らし合わせてじっくり見てみると良いかもしれません。

ただ、この金額で手厚いキャッシュバックや対非弁リスク用に顧問弁護士と提携しているのは大きなアドバンテージだとは思いますよ。

運営元は企業ではない点が気になる

二つ目のデメリットはあくまでイメージの問題ですが、他の業者は株式会社や弁護士事務所が運営しています。

ギブアップの場合は、現在運営元が個人事業主となっていますから、ここに一抹の不安を感じる方はいるかもしれません。

相手が大きな会社になった時に、責任を最後まで取ってくれるのかと言ったイメージや、たとえ高額な料金を払っても弁護士事務所に依頼した方がいいのでは?と思うユーザーもいるでしょう。

しかし、裏を返せば企業ではない方がフットワークは軽い物です。

アナタとのやり取りもスピーディーに行ってくれる可能性も高いです。

俗人的になっていない分、一人一人相談者に寄り添ったサービスは期待できます。

このデメリットは、メリットにもなりうる紙一重の様な物ですね。

退職代行ギブアップを利用する流れ

退職代行ギブアップを利用する流れ

実際にギブアップを利用する流れはどんな物か見ていきましょう。

基本的には他の業者と一緒ですね。

下記の順番に沿って案件が進んでいきます。

  • 相談
  • 依頼・お申込み
  • ギブアップが勤め先に連絡

工程はたったのこの3ステップになります。

これが、あなたをブラック企業から解放してくれる工程ですから、相談する前に軽くでも見直しておくようにしましょう。

まずはとにかく相談を

主にLINE、メール、電話にて相談を受けてくれています。

個人的におススメなのはやはりスマホ端末からのLINEにて相談をするパターンですね。

レスも早いですし、自分が伝えたい事も後から出てきたら即座に送る事が出来ます。

その上で自分は今どんな職場に勤めていて、どんな事に悩んでいるのか。

アナタが会社を辞める事が出来ないのは何が足かせになってるかを明確に伝えましょう。

事前に細かく情報を渡しておけば、ギブアップ側でも動きやすくなります。

又、有給休暇の取得や残業代等不安になる点はこの時点で伝えておいた方が良いです。

中には退職代行サービスの範疇を超えて対応できない物も出てくるかもしれませんが、最初にその線引きを明確にしておくことは勤め先と交渉を進めるうえで大事になってきます。

内容に合意したら正式に依頼をしましょう

上記の相談が済んで、お互い問題が無ければ正式に依頼をする事になります。

このターンで入金も済ませる必要が出てきます。

金額は30,000円ですが、なるべく早めに入金・振り込みをするようにしましょう

アナタが早く会社を辞めたい、もう会社に行きたくないと思うのであれば早く動くことが大事です。

ギブアップ側でも入金を確認でき次第実行となりますから、ここで止まっているといつまで経っても会社を辞めれなくなると言う事ですね。

ギブアップが退職の連絡をしてくれます

後はギブアップが退職代行を行ってくれますから、連絡を待ちましょう。

特に追加料金は一切なく、その間の相談にも応じてくれます

必要であれば最初の相談の時と同じく、LINEやメール、電話にて連絡を取るようにしてください。

一連の流れは以上となります。

これであなたは晴れて自由の身、もういやな会社に出勤して苛まれる事もないんです。

退職代行ギブアップの評判や口コミは?

退職代行ギブアップの評判や口コミは?

実際に利用したユーザーの方からの評判を探してみると、多かったのが他の業者よりサービスや対応が良かったと言う物です。

一番は、退職代行サービスに依頼した方が、実際に退職に至るまでの間強く不安を感じると言う点を考慮した結果です。

まだまだ退職代行と言う響きは若干のうさん臭さはあります。

会社に悩んでいるとは言え、行動に移すにはそれなりの勇気やエネルギーがいる事でしょう。

その後になかなか進まない、今勤め先と退職代行の間でどのターンまで進んでいるのか見えないとなるとその不安はより一層強い物なります。

雇用形態:正社員
勤続年数:1年5ヶ月
職種  :エステ
年齢  :24歳
状況  :
体力的にも精神的にも辛く、もう出勤したくない。また、退職まで有給で消化し、私に連絡が来ないようにし、給料は手渡しだが振り込んで欲しい

代行内容:
依頼日当日に、社長の方に電話させて頂き、ご依頼主の退職意思と有給、給料の件を伝えました。退職は問題なく、退職日までは有給で調整
、連絡はGIVE UPが仲介となり、給料は振り込んで頂きました。依頼者の方に退職届を郵送して頂き問題なく退職が完了。

​運営から一言:
ご依頼主の中には訴えられるのではないかと不安になりますが法律上、労働契約の不履行(辞めること)に対して、労働者側に責任が認められる事は(契約期間に定めのない限り)ほとんどありません。

引用元: 仕事辞めたいなら退職代行ギブアップへ

雇用形態:正社員
勤続年数:3年4ヶ月
職種  :製造
年齢  :24歳
状況  :
職場移動があり、そこの職場では上手く馴染めず毎日上司から怒鳴られ死にたいです。辞めたいが伝える事が恐くて言えないです。どうにかしてください。
 

代行内容:
依頼日当日に、所属部署の上司の方にご依頼の主の退職意思を伝えました。人事の事については対応出来ないとの事で人事部の方から折返し連絡頂き説明し、退職は問題ないとの事で、依頼者の方に退職届及び貸与物を郵送して頂き問題なく退職が完了。

運営から一言:
​自分から退職を申し出るのは勇気が入りますよね。これからは自分から申し出る必要はありません。退職の手続きをしている時間は勿体無いです。自分一人ではどうしようもなくなってしまったら、退職代行GIVE UPをご利用下さい。

引用元: 仕事辞めたいなら退職代行ギブアップへ

雇用形態:正社員
勤続年数:2年
職種  :販売
年齢  :24歳
状況  :
転勤にあって通勤時間が長くなり会社に不満を持ちそのせいで仕事に身が入らずいつも上司に怒られてばかりで萎縮している。仕事中何も考えられなくなっている。このまま続けてもいいことないので辞めたい

代行内容:
依頼日当日に、人事の方に電話させて頂き、ご依頼主の退職意思を伝えました。退職は問題ないとの事で、依頼者の方に退職届及び貸与物を郵送して頂き問題なく退職が完了。

運営から一言:
​退職をしたいと言い出すのはなかなか難しいですが、会社側にとっては無断欠勤より退職代行を利用された方が宜しいです。自分一人ではどうしようもなくなってしまったら、退職代行GIVE UPをご利用下さい。

引用元: 仕事辞めたいなら退職代行ギブアップへ

もし今現在退職に至らず悶々と悩んでいる社会人の方がいらっしゃったら、この口コミや評判を元に依頼してみてください。

退職代行ギブアップの運営元は

退職代行ギブアップの運営元は

運営者情報は下記になります。

運営サイト退職代行ギブアップ
運営元個人事業主 齊藤 大雅
住所群馬県太田市天良町98番地4
TEL050-5436-8048
事業退職サポート業務

こちらは特定商取引、免責事項のページなります。
https://www.giveupdaikou.com/blank-6

退職代行ギブアップの評判や費用まとめ

退職代行ギブアップの評判や費用まとめ

今回は退職代行ギブアップの記事をまとめてみました。

主に費用や評判、その他にまつわる物を取りまとめています。

やはりギブアップの強みは過去退職代行業界で勤続していた方が代表を務めている点が大きいです。

内情もしっていますし、なにより携わった案件が多いと言う事になるので、それがそのまま信頼度になります。

今既に会社にきたくない、けど退職を切り出す事が難しいと言う方はこの機会にサービスの利用を検討してください。

心身共に疲弊してまで務める会社はありませんよ。

自分で辞めると言えなかったら、代行サービスを使ってサクッと辞めるのが一番いいと思います。

そして、次の職場で新しい充実した毎日を過ごせるように努めましょう。

>>退職代行ギブアップに依頼する

おすすめの記事