退職代行EXIT
ノーリー
こんにちは、ノーリーです!
普段はweb制作しながら、過去の体験を生かして企業様に人材マネジメントのコンサルなどもやってます。

この記事は、当メディア上で初めての退職代行業者を解説する記事です。

今回は、会社を辞めたいと悩んでいる人に向けて、退職代行EXITの評判や、その詳細をまとめてみました。

主に、退職代行を使って、早めに会社から去りたいと考える人をターゲットにしてます。

毎日会社に行くのって気が重いですよね。

人間関係やストレスにさいなまれていたらなおさらです。

この記事を読んで、退職代行に依頼することに前向きになってくれたら幸いです。

脱ブラック企業!平和な毎日を送りましょう!

退職代行EXITがなぜ選ばれるのか?

退職代行EXITがなぜ選ばれるのか?

退職代行サービスのパイオニアと言えばEXITです。

世間に退職代行と言うワードを広めた業者と言っても過言ではありません。

この記事を読んでるアナタも頭の中は会社の事でいっぱいじゃないですか?

  • 「行きたくない」
  • 「辞めたい」
  • 「言い出せない」
  • 「怖い」

この様なネガティブな気持ちも、EXITに依頼する事で即時解決できます。

今回は、退職代行EXITの評判や口コミを集めてみました

実際にお申し込みをする際に、内容を把握しておきましょう!

退職代行EXITのサービス内容は?

EXITのサービスは?

EXITのサービスは退職に至るまでの3ステップで完結します。

その間、出向いて面接などもする必要は無く、相談から退職を完了するまでスマホ1つで完結するのが特徴です。

3ステップは下記の3つ。

  1. すぐに辞めたい、離職票を送って欲しいなどの相談
  2. 雇用形態に応じた入金、振り込み
  3. EXITが勤め先に連絡

となります。

1、相談によっては即日対応も可能

即日対応も可能

退職代行を依頼するユーザーにとっては、今すぐにでも会社を辞めたい。

明日から行きたくない、行く気が無い。

この辺りの考えは既にお持ちのはず。

その時に必要になるのがスピード感です。

EXITは元々即日対応を売りにしていて、相談をする際にある程度の情報さえ渡すことが出来ればすぐに対応してくれるのが魅力です。

2、入金・お振込み

退職代行も立派な仕事です。

いかなる理由があろうとも、ユーザーからの入金・振り込みが確認できない事には動けません。

裏を返せば、入金や振り込みさえ行えばご要望に沿ってすぐに対応してくれます。

1と合わせてこの対応の早さがEXITのサービスのウリなんですね。

金融機関は15時を過ぎると次の日の扱いになってしまうので、即日退職を希望されるユーザーは注意が必要です。早めに入金・振り込みをしましょう!

3、EXITから勤め先に連絡がいく

EXITが対応してくれる連絡と言うのは、本来アナタが直接伝えるべきだった退職の意思です。

主に電話にて勤め先に連絡してくれますが、ポイントは退職が決定するまで回数無制限でサポートをしてくれる点です。

これによって、アナタが今現在悩んでいる退職もスピーディーに完了する事が出来ます。

退職代行EXITに相談する際は、LINEかメールで依頼をする事が出来ます。

スマホさえ手元にあれば、いつでも簡単に相談をする事ができる。

この身軽な感じもEXITが流行るきっかけになったんだと思います。

ここがポイント

退職までのおおまかな流れは、相談・依頼⇒入金⇒退職代行EXITの対応となります。即日対応も可能で、場合によっては明日から出勤しなくてもオッケーになります!

退職代行EXITの営業時間は?

EXITの営業時間

LINEやメールで相談できるとなると気になるのは営業時間です。

基本的にEXITの公式ホームページには営業時間の記載がありませんでしたがこれは可能な限り24時間対応してくれると言う事です。

例え深夜に連絡をしたとしても、そこは即日退社をモットーとしていますから、可能な限りはすぐに連絡が来ます。

会社にストレスを強く感じてる方には朝も夜も関係ないと思いますが、こうした悩みを抱えている人は世の中に沢山います。

深夜に連絡がついて相談をする、その際にはこちらの必要な情報を伝えたり、要望を伝えるところまでは出来ると思いますが、銀行の関係上入金や振り込みは多少タイムラグが出ると思います。

EXITが動いてくれるのは、入金確認や振り込みの確認が取れた後になりますので、夜中や朝方ではすぐに動けないかもしれません。朝一で入金などは済ませたいですね。

それによって、勤め先とのしがらみは次の日には解消する事も可能になります。

ここがポイント

営業時間はあって無いような物です。夜中でも状況によっては対応してくれる事も。まずはLINEかメールにて依頼してみましょう。

その後の転職サポートも行ってます

転職サポートも対応

もう一つのサービスは、無料転職サポートです。

会社を辞めると言う事は、一瞬でも無職になると言う事。

次の職場が決まるまで、転職コンシェルジュのサポートを受ける事が出来るんです。

ワークポートと言う名の転職サイトを経由してお申し込みが出来ますが、もちろんEXITともつながっているので安心です。

先にEXIT経由でワークポートにお申し込みをすれば、最大で50,000円分もキャッシュバックを受ける事も出来るので、非常にお得なサービスと言えるでしょう。

過去の転職実績も50万人と、かなり成功率の高いサービスと言えます。

特徴は個人にあったきめ細やかな対応で、専任のコンシェルジュが出来るだけ要望に沿ったサポートをしてくれます。

既に退職を決めていて、けど次の職場の事は何も考えていないと言う方は、このワークポイントを利用するのも検討してみてはいかがでしょうか。

ここがポイント

ワークポイントと呼ばれる転職サポートも行ってます。退職から次の職場での見通しが立っていないユーザーでも、コンシェルジュが手厚くサポートしてくれます。EXITとも連動しているので、お得な割引もあります。

退職成功率100%だから返金保証もない

退職成功率100%

EXITをはじめ、この業界には何社か退職成功率100%の企業が存在します。

 100%と言うのは、必ず退職させてくれると言う事

今すぐ会社を辞めたいユーザーを、必ず辞めさせてくれると言う事です。

退職代行サービスを展開している企業の中には、返金保証を設けている業者も多く存在します。

お申し込みをするユーザーからしたら、確かに返金保証があるのは魅力的です。

もし、退職が上手く行かなかった場合は、振り込んだお金が戻ってくるからですね。

しかし、そもそも成功率が100%だったら返金保証をもうける必要はありません

失敗する事が無いからです。

ここも、EXITが選ばれる理由の一つだと思います。

相談をするユーザーの、一番の望みは勤め先をすぐに辞める事ですから、ある意味お金は二の次なんです。

返金を考えるよりもユーザーの要望を優先する、その結果が成功率100%で返金保証の有無に繋がってるんですね。

>>EXITに依頼してみる

ここがポイント

成功率100%を誇るEXITですから、そこに返金保証はありません。ここが実績にもつながっている部分です。

メディア出演も!なぜ退職代行はEXITが選ばれるのか?

EXITのメディア出演

退職代行の業界では、EXITがパイオニアだからです。

どの業界も、一番最初に取り上げられた人が有名になります。

アメリカ大陸を発見したコロンブスしかり、人類初宇宙に旅立ったガガーリンしかり、最初に何かを成し遂げた人は名前が永遠に残る物です。

二番目にアメリカ大陸を見た人の名前は知っていますか?
二番目に宇宙から地球を見た人の名前を言えますか?

 何事も先駆者=パイオニアが一番有名なんです。

もちろんただ名前が通っているだけでは企業を継続させることはできません。

実績が必要になります。

その実績は、NHKを始めとして多くのメディアが取り上げました

他にもフジテレビやTBS、AbemaTVやテレビ朝日

紙面でも読売新聞や朝日新聞、日本経済新聞など実に15メディア程も出演時実績があります。

背景にあるのは、現代の働き方問題ともいえる「サラリーマン」の実情です。

会社によってはパワハラセクハラいじめ恐喝など昔には考えられなかったことが横行しています。

精神を病んでしまったり、過度な残業が引き金になって命を落とす人のニュースも目につきます。

平成27年に大手広告代理店、電通に勤務する高橋まつりさん(当時24歳)が、自ら命を絶ったケースもあります。

個人的にも、命を落とすぐらいなら転職をと思いますが、EXITもこうした悩む人の助けになるためにサービスを展開し始めたんですね。

EXITが認知されたことによって退職代行サービスにも日が当たる事になりました。

この様に、既に信頼と実績がある企業として広まっているので、今でも悩めるユーザーにとって選ばれる優良企業となっているわけです。

ここがポイント

数多くのメジャーなテレビ番組を始め、新聞でも取り上げられたようです。ここから一気にEXITの知名度は上がりました。

退職代行EXITを利用すると費用はいくらか?

EXITの費用はいくらか

気になる費用面ですが、EXITの場合下記の料金体系になっています。

正社員・契約社員50,000円
アルバイト・パート30,000円

後発の退職代行サービスと比較すると少し高い気もしますが、何と言っても退職成功率100%の実績があるからこの金額設定なんだと思います。

個人的には体調を壊してまで携わる仕事は世の中に無いと思っていますから、50,000円で辞めれるなら安い物だと思っています。

既に追い込まれてしまっているユーザーにとっては、この金額を払うのすら苦にならないと言った口コミも多く、ブラックな会社との手切れ金だと思えば安い物でしょう。

全国どこでも対応、各種分割払いも対応との事。

万が一次の職場もブラックだった、面接時と業務内容が違う、拘束時間が大幅に違う、辞めたいけど辞めさせてくれない

こんな状況におちいった際も、EXITなら「2回目以降利用料10,000円引き」でお願いする事も可能です。

ちなみにですが、正社員でもアルバイトでもない契約社員だったら金額はどうなるか?この場合正社員と同じ費用がかかります。

自分は現在契約社員で働いているから、退職代行を利用できないと言うことはなく、とにかくまずは相談をしてみましょう。

業務委託、派遣社員の場合でも同じく、相談対応はしてくれるはずです。

>>EXITに依頼してみる

退職代行EXITに依頼する前に準備する事は?

退職の準備を

基本的にこちらから退職代行サービスに提示する物はありません。

要望や、現状の勤め先の情報などさえ与えておけば、他に書類等は不必要になります。

問題は、アナタ自身の会社に置いてある私物等の回収です。

あらかじめ退職日の目途が立っていればその日に向けて少しずつ持ち帰る事は出来ます。

もし、EXITに依頼をしてそのまま即日退職が決定すると、その後勤め先に出向いて私物を持って帰るのは気まずいと思います。

大事な物が勤め先にある場合、事前に持って帰っておくようにしてください

退職代行EXITを使う事のデメリットはあるか?

EXITのデメリットは?

ここまではメリットを中心に見てきましたが、デメリットは存在するのでしょうか?

EXITに限った話ではないですが、下記のような物が一応ありそうです。

  1. 逃げ癖がつく
  2. 細かい交渉をお願いする事はできない
  3. 退職に費用がかかってしまう

1つずつ見ていきましょう。

1、逃げ癖がつく

退職はエネルギーを使う物です。

時には自分を信頼してくれた人を悲しませる事にもなりますし、自分の今後の生活環境も変わります。

本来退職をする際には、この辺りの心配事を一つずつ処理して言って退職に至りますが、退職代行サービスを使う事で、この過程を一気に飛ばす事も可能になります。

それにより、次の職場でも「この会社は自分に合わない」と少しでも感じてしまうと、その都度退職を繰り替えす事にもなりかねません。

退職そのもののハードルが一気に下がってしまうんですね。

いわゆる逃げ癖と言うやつです。

人によると思いますが、どこかで踏ん張る必要があると覚えておきましょう。

2、細かい交渉をお願いする事はできない

退職の意思を伝えてもらうのが退職代行サービスですから、基本的にその他の勤め先との交渉はお願いする事が出来ません

退職に伴いよく話にあがるのが、

  1. 有給休暇の消化・買取
  2. 未払い給与
  3. 未払い残業代
  4. 引継ぎ

この4つです。

これら一つ一つの要望をEXITが担ってくれることはなく、交渉を行うのであれば当事者であるユーザーと勤め先で進める必要があります。

これは法律にも関わって来る問題で、本来代理交渉は弁護士資格を持つものしか行う事が出来ません

もし、EXITが交渉まで担ってしまうと、非弁行為と呼ばれる弁護士法に触れてしまいます。

今現在有給や残業に対して気になる点があるとするなら、EXITを利用する前にある程度目途はつけて置いた方が良いと思います。

その方が結果的に退職はすんなりいくでしょう。

3、退職に費用がかかってしまう

本来正規の退職フローに乗っ取った場合、会社は無料で退職できます。

会社に辞めたいと言う意思を伝え承諾してもらう。

一般的にこの流れにお金がかかる事はありません。

退職代行サービスを利用すると言う事は、ある意味本来かからない出費と言う事にもなりますが、それでもすんなりと会社を辞めれるならと考えるなら個人的にはありかなと思います。

費用は決して高くはないですが、安いとも言えない物なので、先に準備しておきましょう。

念のため懸念しておいた方が良い事項とは

懸念事項

すんなりと退職を出来る代わりに、それなりの懸念すべき事項もいくつか存在します。

と言っても、あくまで懸念しておくべきと言うレベルのもので、過去これから書く事柄でニュースになったりした事はないと思います。

1、退職した勤め先に訴えられないか

今のところ、退職代行EXITを利用したユーザーで、勤め先から訴えられたと言う人はいないようですね。

しかし、場合によっては損害賠償などで訴えられる可能性はゼロではありません。

ユーザーの立ち位置や仕事内容、環境に左右されますからここで一概には言えませんが、今担当してる案件や事業によっては多大なる迷惑をかける事もあるかもしれません。

このリスクを軽減するためには、退職代行を利用するとしても、できるだけ最後の日まで円満退職を目指すべきです。

2、次の転職に響くか?

退職代行を使って会社を辞めたという事は、それなりに話題になると思います。

過去、何人も同じ手段で辞めているなら話はべつですが、アナタが退職代行を使って辞めた第一号だとそれなりにトピックになるでしょう。

もし次の転職先も同じ業界で考えている場合、ひょっとしたら直近の辞めた会社から話が流れるかもしれません

あくまで可能性の話ですが、心象は悪くなる場合もあるかもしれませんし、現状では仮に噂が広まったとしてもそこまで気にする必要は無いと思いますが

率先して自ら話すことではないかもしれませんが、気楽に構えていて問題はないでしょう。

3、親元に連絡が行く?

これもそこまで心配はしなくてもいいと思います。

上京して一人暮らしをしていた場合、退職した人の実家にまで電話で連絡をされることは稀でしょう。

気を付けなければならないのは、勤め先のロッカーの鍵やセキュリティカードなど、備品に当たるものを返還していない場合です。

この場合最悪親元に連絡が行く事もあります。

私事ですが、20代前半のころアルバイト先を飛んだ事がありました。

その際に、ロッカーのカギを返しに行くタイミングを失い、その結果実家に連絡が行くという失態を起こした事があります。

そうならないように、退職時に返還が必要な備品も、先に整理しておきましょう。

退職代行EXITの評判と口コミは?

口コミについて

では、実際にEXITに関する評判と口コミを見てみましょう。

勤め先で追い込まれて最終手段で利用した人や、あらかじめ退職日の目途を立てた上で依頼した人など、多岐に渡る様です。

ざっとSNS上の口コミを集めてみましたが、概ね高評価が多い印象です

やはり即日退職が大きいんでしょうか、上司が聞き入れてくれないと言う方が多いですね。

この負担になってる部分をEXITが担ってくれるのであれば、退職にかける労力は半減しそうです。

https://twitter.com/dekiruengineer/status/1142929920353423360?ref_src=twsrc%5Etfw

ツイッターでの退職代行にまつわるつぶやきも上記の物がありました。

SNS上で退職に関する事をつぶやく人はあまり多くないかもしれませんが、少なくても話題になっている事は確かです。

youtube上にも幾つも動画が上がってますね。

今回は主にアンケートSNSの中からtwitter、youtubeを中心に口コミと評判を探してみましたが、時間をかければもっと批判的な口コミもあるとは思います。

個人的な見解では、実際に使った人の大半は高評価でしょう。

それは辞めたい会社をすんなりと辞めさせてくれたからです。

興味はある、知ってはいると言う段階のユーザーからすると、まだまだ認めたくないと言う人も居るんだと思いました。

評判と口コミに関しての結論としては、EXITはお勧めできる退職代行だと言う事です。

>>EXITに依頼してみる

退職代行EXITはどこの会社が運営している?

EXIT運営会社は?
写真はイメージです

退職代行EXITを運営している会社はズバリEXIT株式会社です。

[公式HPはこちら↓]
https://exitinc.jp/

2017年に設立した会社で、元々はセンシエス合同会社と言う名義だったようです。

サイト上もメインは退職代行EXITをモチーフとしたデザインです。

主軸事業と言う事で前面に打ち出してる感じが潔いですね。

社名EXIT株式会社
所在地150-0044 東京都渋谷区円山町5-4 道玄坂ビル5F
代表取締役新野俊幸 岡崎雄一郎
社員数10名(アルバイト含む)
事業内容退職サポート業務・メディア運営
取引銀行みずほ銀行

事業内容の所の「メディア運営」も気になる所ですが、岡崎代表のツイッターもなかなか面白いです。

ツイッター上では「退職代行はギャグ」と言い切ってしまっている所が逆に深いですよ。

退職代行EXITの評判まとめ

EXIT評判まとめ

退職代行のパイオニアであるEXITの情報を取りまとめてみました。

評判や口コミは中盤にまとめましたが、その他金額や運営会社も調べて掲載してます。

退職代行と言うワードを世の中に広めた企業でもあるので、認知度や実績はピカイチです。

個人的にも非常にお勧めできる退職代行サービスだと言えますね

と言っても、この記事を読んでいるユーザーの一番の悩みは、いかにして今お勤めしている会社に退職を言い出そうかと言うことだと思います。

もし、会社の文化や風土で言い出せない、叩かれそう、怒られそう、そもそも話を聞いてくれなそう、人手不足だから申し訳ない等の気持ちがあるなら、思い切ってEXITに依頼した方がいいと思います。

>>EXITに依頼してみる

おすすめの記事