退職ボタン

退職ボタンは即日退職スピード対応

即日退職可能を大きく打ち出してる業者はいいわね!
退職ボタンの事かな?
公式サイトには要望があれば即日退職も可能って書いてあるね。
なるほどね、ちょっと退職ボタンの事を詳しく教えてよ!
ほい!じゃあ今回は退職ボタンの評判や詳細を調べてまとめてみるよ。

今回は「退職ボタン」の情報を取りまとめてみます。

価格も安く、スピーディに対応してくれるのが特徴の退職代行業者ですね。

具体的なサービス内容や、特筆すべき点を元に評判なども調べてみたいと思います。

退職ボタンの費用は業界最安水準

退職ボタンの費用は業界最安水準

退職ボタンの依頼価格は、一律29,800円となっています。

この価格設定は、業界でも最安水準と言えます。

キャンペーンや、一部の退職代行業者ではさらに下回る価格のところも出てきましたが、概ね30,000円を切るとリーズナブルな業者と言えるでしょう。

一律価格29,800円

退職ボタンは当サイトと提携中です!
早く会社を辞めたい人は一度公式サイトを確認してください!
↓ ↓ ↓

⇒退職ボタン公式サイト

なるべく早く会社を去りたいと感じる人は、精神的な負担を抱えている事でしょう。

上司や同僚との人間関係だったり、残業が多い等理由はそれぞれあると思いますが、29,800円でスパッと会社と縁が切れると考えると、非常にお手頃ではないでしょうか。

退職ボタンでは即日退職も出来る?

退職ボタンで即日退職

この金額で、且つスピーディーに対応してくれるのが魅力です。

即日対応だけでなく、即日退職に向けてサポートもしてくれると言う点は、他の退職代行と比較しても大きなアドバンテージだと思います。

依頼者ごとの背景もありますから、全員が全員うまく即日退職できるかと言われると疑問ではありますが、要望があればそれに向けて動きます!と明記してくれてるのは安心感が増しますね。

実際、退職ボタンに依頼する人の理由には、この即日退職が大きく響いている事がサイト上にも載ってます。

相談時には、依頼者の希望をヒアリングした上で対応してくれますから、要望があれば最短での退職も夢ではないと言う事です。

一刻も早く会社を辞めたい、もう会社に行きたくないと悩むユーザーは、その旨を最初に伝えるようにしましょう。

私も経験がありますが、ほんとに会社が嫌になった時は気持ち的に大きな負担を感じてると思います。

これがスパッとなくなれば、その後の毎日がどんなに明るくなるだろうと感じてる社会人には、可能な限り早く退職する事をお勧めします

退職ボタンのメディア掲載実績がすごい

退職ボタンのメディア掲載実績

公式サイトを見ると、過去多くのメディア掲載実績があることがうかがえます。

朝日新聞エキサイトニュース、楽天ニュースなどなかなかに大手のメディアの名前がありますね。

メディアで取り上げられると言う事は、信頼性も高く今後の実績も伸ばしていく可能性が高いと思います。

このようにメディアへの露出が多い退職代行は、退職成功率も高く、良心的な業者が多いのも特徴です。

良い意味でも今後話題に上る可能性が高いです。

いうなれば、悪質な業者ではないと言う事はここで分かりますね。

余談ですが、Googleで「退職ボタン」とググると、ブラウザ上では右にビジネス情報が出てきます。

口コミも二件掲載されてますね。
一件はノーコメントで★がついてるだけですが。

先日、退職でお世話になりました。

ずっとパワハラについて、悩んでいました。
1人で悩んでたら今も気分が沈んだまま仕事してたと、おもいます。

沢山相談にのって頂き、とても感謝しているので星5つです!

引用元:Google

退職ボタンご利用の流れは?

退職ボタンご利用の流れは?

退職ボタンに依頼する際の流れを書いておきます。

特に他の業者と比べて大きな違いはありません。

  • お問合せ・相談
  • ヒアリング
  • 契約・入金
  • 代行実行
  • 退職後サポート

基本的にはこの5つのステップに沿って、お願いをする事になります。

相談はLINE、フリーダイヤル、メール用のボタンが配置されています。
その他サイト最下部にはお問合せフォームもあるので、自分が使いやすい物でコンタクトを取るようにしましょう。

入金は、各種クレジットカードも対応しています。

5番目の退職後のサポートの内容は、主に弁護士監修の退職届けがもらえたり、失業保険の取得サポート、今後の生活資金を安定させるためのフィナンシャルプランナーとの相談などがあります。
ここまで手厚いサポートは、他に類を見ない物ですので、是非とも有効活用したいところです。

個人的には、フィナンシャルプランナーの相談はその後の人生に大きく関わって来る事も考えられるので、是非とも受けてみてください。

有給休暇取得サポートもアリ

有給休暇取得サポートもアリ

もし会社を辞める際に、貯まっている有給を使用したい要望があれば、退職ボタンでは取得できるようにサポートしてくれます。

ただし、弁護士対応でないと具体的な交渉はできないので、基本的には要望を伝えるのみとなるでしょう。

それでも、有給を組み合わせる事で、即日退職も可能になるケースが多く、残っているのであれば使うべきだと言えます。

本来有給休暇の取得意思は尊重されるようにできていますので、会社側は拒否する権利は無いと言うのが通例です。

いずれにしろ会社の対応にもよる部分が大きいので、確実に取得できるとは言えませんが、要望を伝えるだけはタダで出来ます。

こちらも、最初の相談時にしっかりと伝えておくようにしましょう。

⇒退職ボタンに依頼する

サイトのクオリティは信頼性重視

サイトのクオリティは信頼性重視

見た所サイトのデザインの印象は、信頼感をベースにした落ち着いた雰囲気の物です。

若年層の社会人のみならず、多少年齢を重ねた社会人にも好印象を持たせる意図があるんではないでしょうか。

大事なのは、各業者ごとのサービスの内容がちゃんと伝わる事です。

実際にどのようなサービスをしてくれて、あなたの退職を成功させてくれるか判断するための材料にもなります。

書いてある文章は非常に読みやすい作りになっているので、しっかりと読み込んでおきましょう。

退職ボタンのメリット一覧

退職ボタンのメリット一覧

ここでは退職ボタンを利用する事のメリットについて書いてみます。

個人的に感じたメリットとして、下記の物が代表的だと感じました。

  • クレジットカード払い
  • 24H受付中
  • スピーディーな対応
  • 退職後のサポートつき
  • 三大特典の内容が気になる

一つずつ解説していきます。

各種クレジットカード払い対応

銀行振り込みだけなく、手持ちのクレジットカードで対応できるのは便利ですね。
他の退職代行でも、最近はクレジットカード対応の所も出てきましたが、現在手持ちがない場合でもお願いすることが出来ます。

退職代行に依頼をする人は、突発的にお願いする事が多いです。

財布の中身がさみしくても、即日退職はできるという事になりますね。

24H受付中

こちらも最近多くの業者で対応の、24Hいつでも相談できるシステムです。

中には、受付自体はいつでもできますが、返信は朝になる業者も存在します。

スピードを売りにしている退職ボタンのレスの速度は気になる所ではありますが、即日退職を推していると言う事はレスも早いと思います。

困った時にいつでも門戸が開かれているのは心強いものです。

スピーディーな対応

先ほどの24H対応ともつながってきますが、即日退職をメインに速い対応が特徴の退職代行です。

公式サイトのメインビジュアルにも記載がありますし、明日既に会社に行きたくない、行けるテンションでは無いと言う方にはおススメのメリットだと言えます。

退職は時間をかけてするものではないとも思っていますので、スピードが速い業者は重宝するでしょう。

要望や希望も取りまとめておけば、その後の対応もより効率よく進むと思います。

退職後のサポート付き

先ほど少し触れましたが、弁護士監修の退職届や失業保険のサポートがついています。

意外に専門的な知識を要する部分でもあり、普段接する機会のない分野ですので、詳しくないと言う社会人は多いでしょう。

ネットで情報を集めたり、独自で進める事も不可能ではないですが、ここに時間をかけるのはナンセンスだと言えます。

退職ボタンでは、この点もきっちりサポートしてくれるので、不安や心配事がある人でも安心して依頼する事が出来ます。

また、もし一度無職になる方はフィナンシャルプランナーのアドバイスを受ける事も出来ます。

次の仕事探しの前に、人生を長期的に見て最終的にどうなりたいかを考え直すいい機会だと思うので、出来れば受けておくことをおすすめします。

三大特典の内容が気になる

サイトの上部には大きく三大特典の記載があります。

内容に関しては、残念ながらこれだと明記できる物は分かりませんでした。

ひょっとしたら、退職後の三つのサポートの事を指しているのかもしれません。

これは、聞いてみる方がいいでしょう。

相談時に触れてみて、今回記載した内容とは別に大きな特典が得られるようであれば、それは大きなメリットとなりえます。

こちらからヒアリングしてみる事をおすすめします。

退職ボタンのデメリットや気になる点

退職ボタンのデメリット

退職ボタンのデメリットにも触れてみたいと思います。

気になった点として、

  • 全額返金保証が見当たらず
  • 弁護士が対応するわけではない

この二つを挙げたいと思います。

一つ目の全額返金保証は、多くの退職代行サービスで付いているものです。

基本的に退職代行の失敗はレアなものとされていますが、表記が無い点は少し気になりました。

裏を返せば、成功率が非常に高いともとれますが、万が一の際に備えて設定してあるか否かはポイントになると思います。

二つ目の弁護士の存在も、他の退職代行業者全てが専任でいるわけではありません。

弁護士資格がない人は、基本的に退職金や有給休暇などの細かい交渉はできないので、もしトラブルなどが生じた際は弱いかもしれませんね。

強いて挙げるとすれば、この二点がデメリットではないでしょうか。

退職ボタンの気になる口コミや評判は?

退職ボタンの気になる口コミや評判

口コミや体験談、その他評判を調べてみましたが、新しい退職代行だからかまだネット上には見当たりませんでした。

公式サイト上に、利用者の声としてコンテンツの掲載はありますが、現状だとこれ以外は利用者の声は聞けてない印象です。

先ほどGoogleのビジネス情報上で、口コミが二件あると書きましたが、直近ではこれが一番有力な口コミとなりそうです。

逆に悪評も見当たらないので、差し当たって問題の無い退職代行サービスだと言う事は明確です。

問題のある業者であれば、悪い口コミは既に世の中に出ているからですね。

良くも悪くも評判が見当たらないと言う事は、真っ当な業者だと言う事の裏付けにもなります。

今後口コミや利用者の体験談が増えてきた際には、追ってこの記事内にも掲載していく予定です。

退職ボタンがマッチする悩める社会人とは

悩める社会人

このメディアも運用を開始してから既に半年ほど経ちました。

その間、退職代行業者はどんどん増えてきて、世の中にニーズがある事も分かりました

これは、退職したくてもできない社会人が多く存在すると言う事です。

企業の数だけ文化は存在しますから、その中には問題のある会社も多くあるのは事実です。

普段マネジメントのコンサルをしていて感じる事は、最優先すべきは従業員の対応と言う事ですね。

会社に問題がなくても、一部の管理者が一人で離職率を高くしてしまっているケースは多々あります。

共通しているのは、パワハラやセクハラ。
理不尽な叱責や特定の人のひいき
などです。

本来従業員ひとりひとりとしっかりコミュニケーションをとり、その上でやりがいや評価を下すのが正ですが、これが出来ていないばかりにストレスを抱える社会人が多いんですね。

退職ボタンのように、本来退職には時間をかけるものではないと考えます。

効率よく次のステージに向かう。
そのために、社会人には退職の権利と自由がありますので、それを思考できない企業に在籍しているようであれば、退職代行を使って辞める方がよほどいいと思います。

その中で、退職ボタンは即日退職もできるだけ実現してくれる業者だと分かりましたので、とにかくすぐに辞めたいと言う社会人にはマッチする業者だと言えます。

⇒お申し込みはコチラ

退職ボタン運営会社について

退職ボタン運営会社について
※画像はイメージです

では退職ボタンを運営している会社はどのような企業でしょうか。

情報は下記になります。

社名アクスモーション合同会社
住所東京都新宿区早稲田鶴巻町570 OKビル3F
営業所東京都豊島区東池袋3-5-7 ユニオンビルジング601

調べてみましたが、同名の会社が幾つもヒットしてHP等は見つけられませんでした。

ただ営業所に記載のある住所から、グループ会社だと思われる企業の詳細は少し見つかりました。

https://www.dreamnews.jp/press/0000197568/

このページを見ると、元々請求代行などを事業としている会社なんでしょうか。
他にも求人コンサルや経営コンサルも行っている様ですが、細かい詳細までは分かりません。

上記のリンク先では、合同会社ではなく「アクスモーション株式会社」となっていますから、こちらが元々親会社なのかもしれませんね。

新事業の一つとして、退職代行を始めたんだと思います。

退職ボタンの評判と詳細まとめ

退職ボタンの評判と詳細まとめ

今回は退職ボタンの詳細をまとめてみました。

やはり価格も抑えめで、即日退職は大きな魅力です。

有給取得や、退職後のサポートも手厚いのでお願いしようか悩んでいる方は、一度お問合せをして要望などを伝えてみるといいと思います。

既にストレスや精神的負担で、心身に異常をきたしている人には、効率よく辞める事をおすすめしますから、退職ボタンのような業者が合っていると思います。

是非検討候補に入れて見てください。

会社を辞めたくても辞めれないときは!
スピーディーな業者で即退職を!
↓ ↓ ↓

⇒退職ボタンで即日退職

おすすめの記事