仕事を即日辞める方法
ノーリー
明日からでも仕事に行きたくないと、悩む社会人に向けて書きました。
出社は気が重い物ですよね。

ストレスや、仕事のプレッシャーなどで限界に達する前に、即日でも辞めれる方法を見つけれればそれが、問題解決に繋がります。

 この記事の中では、ベストだと思われる即日退職の方法を紹介しています。

その他、法律的な観点や、退職にまつわる法的な部分にも触れていきます。

この記事を読んで、退職に前向きになれると思いますので、人生をより良い物にするために行動に移しましょう!

仕事を即日辞める方法でベストなのは退職代行!

仕事を即日辞めれる一番の方法は、すばり退職代行を使う事です。

退職代行で即日辞める事は可能

退職代行サービスが、あなたの代わりに会社に退職の意思を伝えてくれます。

場合によっては即日退職も可能となります。

会社に理解してもらう必要がありますが、一番簡単なのは、有給休暇を使う方法です。

これにより、明日から出社せずに会社を辞める事が出来るんです。

有給休暇と合わせれば明日から出勤しなくても辞めれる

ある程度長く勤めていると、それなりに未消化の有給休暇があると思います。

退職代行を通して、仮に最終出社日が3週間後となったとしましょう。

その日まで、残っている有給休暇を使えば、実質即日辞めた事と同じ状況になります。

有給が無くても会社の合意があれば可能

もし有給休暇が全然残っていない場合でも、勤め先の合意が得られれば、即日から辞めることも可能です。

勤め先の対応いかんでは、退職代行サービスとのやり取りの中で了解してくれることもあります。

後述しますが、ノーリーの同僚もこの状態で即日退職しています。

有給がない=入社して日が浅い新人

というケースも多いですが、勤め先としては「去る者は追わず」の精神になることも関係しています。

退職代行のその後は?転職に響く?

仕事を即日辞めたいと、退職代行を使った場合、転職活動に響くのでは?と気にする人は多いです。

答えを述べてしまうと、転職にはほぼ影響がありません

詳しいことは、こちらの「退職代行で辞めたその後!転職に響く!?」でも書いていますので。参考にしてください。

同じ業界の中で転職しようとすると、前職の同僚や取引先経由でバレる可能性はあり、稀に不利になることも想定されますが、それでも軽微な影響でしょう。

仕事を即日辞める時は弁護士事務所の代行サービスに

出来れば、弁護士が対応してくれる退職代行を選ぶようにしましょう。

後述するような、各種状況にも対応できるからです。

退職代行は民間企業と弁護士事務所の運営がある

退職代行サービスは、大きく分けると2つ存在します。

退職代行の業態

民間企業が運営するサービス
弁護士事務所が運営するサービス

民間企業はいわゆる普通の会社が運営するものですが、対して弁護士事務所が行っている退職代行もあります。

仕事を即日辞めるには、まず「非弁行為」について知っておきましょう。

非弁行為について知っておこう

弁護士法第72条

弁護士でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りではない。

引用元:行政書士東京中央法務オフィス

このように、弁護士資格を持たない人が、報酬をもらって交渉を行うことは、法律でNGとなっています。

退職時によく話にでる交渉は、

  • 最終出社日の交渉
  • 有給休暇使用の交渉
  • 未払い残業代交渉

これらが代表的です。

弁護士でないと、この交渉は進められないという事になります。

関連記事:⇒退職代行は非弁行為にあたるのか?

弁護士事務所の退職代行に依頼しよう

もし会社と交渉を行うことになりそう、モメそうと感じているなら、できるだけ弁護士事務所運営の退職代行サービスに依頼しましょう。

参考サイト

費用は若干高くつきますが、退職に関する交渉を行ってくれるだけでなく、効率よくトラブルにも対応してくれます。

労働組合が付いていれば交渉はできる

弁護士事務所の運営でなくても、労働組合がついている退職代行なら交渉を行えます。

これは、労働組合の交渉要望に対して、会社は応じる必要があるからです。

労働組合がついてる退職代行では「SARABA」が有名ですね。

参考サイト

仕事を即日辞めた同僚がとった方法

ここで身の回りで起きた即日退職の事例や、体験談を載せてみます。

同僚が退職代行を使ったはなし

以前「退職代行を使って同僚が辞めたエピソード」でも書きましたが、一緒に働いていた同僚が即日仕事を辞めました。

その日までは、いわゆるお局様に怒られるシーンを毎日見ていたので、内心「あいつ大丈夫かな」と感じてたんです。

一緒に昼飯を食べに行って話を聞くと、その時はいたって普通でした。

暗く落ち込んでるわけでも無く、ホントに普通なんです。

本音は、「明日からでも会社に来たくない」と感じていたんでしょう。

関連記事:⇒退職代行を使って同僚が辞めたエピソード

ノーリーも過去一度だけバイトをバックレてます

実は、僕もその昔一度だけバックレた経験があります。

アルバイト時代でしたが、連絡もせずある日から仕事に行かなくなりました。

詳しい事は「仕事をバックレた時の体験談」に掲載中です。

やはり、バックレる、飛ぶという行為はあまりおすすめできませんね

経験者だからこそ言える話でもあります。

関連記事:⇒仕事をバックレた時の体験談

いきなり連絡が付かなくなる同僚もいた

退職代行が世に出てくる前には、ある日を境にいきなり連絡が付かなくなる人もいました。

業界をとわず、突如として出社しなくなるので、場合によっては残された人たちがバタバタすることも。

それだけ本人は会社に来たくなかったと言えますが、大体一つの会社で一人はいましたね。

仕事を即日辞めたくなる理由4選

なぜ会社に行きたくなくなるのか?多く耳にする理由を選抜してみました。

退職理由4選

☑ 残業時間がものすごく多い
☑ 上司のパワハラやモラハラがすごい
☑ 人間関係に問題がある
☑ 社風や業務内容に問題がある

この4つが、主な理由になるんではないでしょうか。

残業時間がものすごく多い

電通社員、高橋まつりさんの事件もありましたが、やはり過度な残業は会社に来る気を無くさせます。

それ以前に、心身に異常をきたすケースも存在します。

長時間労働は、生産性を上げることはおろか、離職率を高めます。

上司のパワハラやモラハラがすごい

自分の上長が問題のある人だと、部下の離職率は跳ね上がります。

主に、パワハラやモラハラ、セクハラなども該当しますね

これらは、社員を追い込む要因になります。

明日から仕事に行きたくないという気持ちも、納得が出来ます。

人間関係に問題が

上司だけでなく、同僚や部下との人間関係に問題があると、会社に行く気は失せる物です。

  • 仲が悪い人がいる
  • 嫌いな人と仕事しないといけない
  • 取引先の担当者が苦手

こういった対人の問題は、モチベーションが下がる要因になります。

社風や業務内容に問題がある

体育会系の会社や、宗教染みたワンマンの企業等は、出社するのが嫌になる物です。

現代でもまだこの手の文化が残った会社は多く、出勤困難症に陥る事もあります。

ここにリンク

また、法律的にアウトな事業をしていたり、昇給・昇格の流れが確立されていない会社は、即日から来なくなる社員が多い傾向にあります。

仕事を即日辞めるのは法律的に問題がある?

一応、正社員の雇用であれば最終出社日の2週間前には退職の意思を伝える様にとなっています。

[民法第627条1項]

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:wikibooks

出来れば退職は前もって伝え、正規の手順に沿って進める方がいいですが、そうは言ってられない状況もあります。

懲戒解雇になる可能性はあるか?

即日辞めたからと言って、退職そのものに罰則は生じません。

中には、後日自己都合での退職ではなく会社都合、それも解雇といった形にします!と言ってくれる企業も存在します。

解雇扱いになってしまうと、場合によっては転職に響く可能性も出てきます。

関連記事:⇒退職代行失敗でも懲戒解雇されない理由2選!

損害賠償請求される可能性もあるの?

損害賠償請求をされる可能性も、そこまで気にしなくていいでしょう。

長年勤めたコアメンバーで、業績に大きく関わっている人がいきなり出社しなくなると、会社に損害を与えたという事で、請求される可能性はあります。

基本的には、社員を退職に追い込んだの会社にも責任がありますので、まかり通る事は少ないです。

訴訟のコストや労力を考えると、実際に動く企業は極々少ないと言えるでしょう。

関連記事:⇒退職代行失敗で損害賠償請求される?

労働規定を確認してみよう

退職を考えた際は、一度勤め先の労働規定を確認したほうがいいと思います。

最終出社日から逆算して、いつまでに伝達すべきか書いてありますので、波風を立てずに退職したいのであれば、労働規定に従う方がいいでしょう。

いますぐ辞めたい気持ちを、我慢できるかどうかに関わってきますが。

社会人には退職の自由があります

いかなる仕事に従事していても、従業員が退職を願い出ることは法律的に認められています。

職業選択の自由もありますので、退職そのものが法律に触れるということはまずないでしょう。

仮に即日退職したとしても、勤め先の合意が得られれば、それは問題なく辞めれるということです。

<まとめ>仕事を即日辞める方法について

今回は、明日からでも会社に行きたくないと悩める社会人に向けて書いた記事です。

やはりベストな方法は、退職代行サービスを使う事でしょう。

有給休暇を上手く使ったり、会社の合意が得れれば、明日から出社しないことも十分可能です。

ストレスでしんどい、体調が悪いという方は、是非参考にして勤め先とおさらばしましょう。

以上となります!

この記事に関するオススメのサービスは?
退職代行ニコイチ

とにかく今勤めている会社を辞めたい、行きたくないと感じているアナタには、有名退職代行「ニコイチ」をオススメします!
成功実績、認知度、無料転職サポートなど、環境を変えようと思っている方にうってつけのサービスがてんこ盛り!依頼料が安いのも魅力です!
弁護士が監修に入っている点も、安心して依頼できるポイントです。

おすすめの記事