使用期間中の退職は言い出しづらい
ノーリー
現在、試用期間中の社会人に向けて書いてます。いま退職を考えているけど、言い出しづらいと悩む方向けです。
  • 果たして試用期間中に退職を切り出していいものか?
  • 退職の手順は?
  • 転職に響く?

こういった悩みを、抱えているのではないですか?

試用期間中の退職は、この記事内で細かく説明しますので、上記のような悩みを解決していきます。

この記事の概要

☑ 退職は可能?
☑ 転職に響く?
☑ 退職理由はなんていう?

このあたりをメインに解説していきますので、辞めたいと悩んでいる方は前向きに退職を検討してみましょう。

試用期間中に退職は可能か?

試用期間中に退職は可能か?

まず、「試用期間中に退職してもいいの?」という疑問に関しての答えは、

 全然可能です!退職できます!

となります。

試用期間中でも退職は可能です

試用期間中でも辞めようと感じたら、退職に向けて動いても問題ありません。

ただし、試用期間のタイミングだからこそ、きちんと退職の手順を踏んで、円満に退職するよう努めるべきです。

バックレなどの辞め方はおすすめできません。

 「試用期間だから、もう行かなくても大丈夫」

と考える方も多いですが、正社員と同じく、きちんと退職しましょう。

試用期間中に退職を切り出すタイミングは?

最低でも最終出社日の2週間前には報告したいところです。

試用期間だと有給休暇は無いと思いますので、最終出社日=退職日となることが多いです。

この二週間は、一応法律で定められた期間となります。

[民法第627条1項]
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:wikibooks

試用期間中でも体調異常は早めの退職

体調異常

試用期間中の退職でも、下記のような場合は即日動き出すことをおすすめします。

ストレス過多の職場は要注意

試用期間にも関わらず、ストレスで潰れそうな職場は退職しましょう。

慣れない職場で、神経を使うことは多いですが、体調を壊す前のタイミングで退職するべきです。

必要以上に我慢しないこと

ついつい我慢して働く方も多いですが、限界を超えて我慢をするのはおすすめできません。

自身の精神状態、体調を見つつ無理はしないようにするべきです。

試用期間について詳しく知っておこう

試用期間について

そもそも試用期間とは、どのような定義のものでしょうか。

試用期間とは一体何か?

どこの会社でも概ね3カ月の試用期間を設けています。

この期間は、会社にとって

  1. 仕事の適性はあるか
  2. 人間性に問題はないか
  3. 成長性はあるか

などの点を判断するものです。

従業員にとっては、

  1. 業務内容に問題がないか
  2. 社風に問題が無いか
  3. 勤続状況に問題が無いか

これらを判断する期間となります。

つまり、双方にとってのお試し期間ということです。

試用期間中に解雇される事はある?

試用期間といえども、そうそう解雇はされません。

これは、採用の時点で企業がしっかりと責任を負うからです。

しかし、下記のような事象があれば、解雇される可能性はあります。

解雇されるかもしれない理由

☑ 度が過ぎる素行不良
☑ 反社会勢力とのつながり
☑ 経歴に嘘がある
☑ その他公序良俗に反する人間性

普通に働いている分には、まず解雇は無いと言えるでしょう。

試用期間中の福利厚生や給料はチェック

試用期間中に、業務以外で気にしたほうがいい点は、福利厚生です。

  • 採用前に聞いていたものと相違が無いか
  • 正式採用後の待遇が劣化しないか

その他試用期間後に給与額が変動する場合は、先に確認しておくべきです。

問題があれば、試用期間中に対処するほうが良しとなります。

試用期間中に納得させる退職理由6選

退職理由6選

事例として試用期間中に用いられる退職理由を挙げてみます。

会社側を納得させやすいものでもあります。

納得されやすい退職理由

☑ 仕事量についていけない
☑ 過度な残業時間
☑ 未払いの給与
☑ 社内いじめやモラハラ・パワハラ問題
☑ 社風が想定と大きく違った
☑ 業務内容が想定と大きく違った

仕事についていけない

担当する仕事量が多く、疲弊する場合は試用期間後も大変な思いをします。

明らかに仕事量が自分には合っていないと感じた場合、退職を考えて見ましょう。

過度な残業時間

仕事量にも紐づいて、残業時間が多い場合は、それを理由に退職することもできます。

正式採用後にもっと残業が増える可能性が高いからですね。

ブラック企業かどうか、見極める事も大事です。

未払いの給与や残業代

あまりないとは思いますが、本来支払われるはずの給与が未払いだと、即日辞めた方がいいでしょう。

その会社に先はありません。

理由をつけて残業代を払わない場合も一緒です。

社内いじめやモラハラ・パワハラ問題

人間関係の問題はどこの会社にもありますが、社内いじめやモラハラ、パワハラが横行している会社は退職しましょう。

試用期間中でも、これらの事象が目につく会社は危険です。

セクハラも同じで、社員の倫理観に欠ける会社と言うことになります。

社風が想定と大きく違った

いざ入社してみると、採用時に聞いていた雰囲気と大きく違う場合があります。

  • 風通しが良い
  • コミュニケーションを大事にする
  • 主体性を尊重します

と謳っているのに、上長が完全に体育会系だったりとか、ワンマンで締め付けがひどい場合などです。

聞いてた話と違う!と切り出すべきです。

業務内容が想定と大きく違った

聞いていた話と、実際の業務内容が大幅に違う場合も要注意ですね。

特に、実は法に触れるような事業内容を、展開していたという場合は、退職者も多いです。

以前僕も体験したことがありますが、法に触れる、もしくはギリギリの事業に関わっていると、良心の呵責がものすごいです。

はっきりと退職理由として伝えましょう。辞めさせてもらえ場合は、退職代行の利用も検討するべきです。

試用期間中の退職の手順は?

退職の手順

試用期間中の退職の手順は、

  • 自主退職
  • 合意退職

このどちらに該当するかで、多少手順が変わってきます。

自主退職の場合

自主退職は、いわゆる普通の退職です。

従業員側の退職の意思を持って、会社を辞める物です。

退職届を記入して、上長に提出しましょう。

合意退職の場合

先に退職の意思を伝え、退職届を提出するまでの流れは一緒です。

もし企業側が、退職を考え直すようにと打診してきた場合、それは退職が受理されていないことになります。

あくまで、双方の合意を経て退職する物となり、自主退職と比較すると時間がかかる事もあります。

まずは上司に報告を

いずれにしろ、試用期間中に退職をしたい場合は、まず上司に報告しましょう。

このタイミングで、引き留めにあう事ももちろんあります。

理由をはっきりと告げて退職を切り出しましょう。

退職届を用意しましょう

退職届は、退職願いとは違い会社に受理された時点で、辞める事が確定します。

民法の627条を例に出すと、退職の通達は口頭でも良いとなりますが、形式も含め厳格さを出すために、退職届を書く方がおすすめです。

参考サイト:退職願と退職届の違いは?書き方と退職の作法について

試用期間中の退職は転職に影響ある?

試用期間中の退職は転職に影響ある?

試用期間中の退職は、転職の際に心象が悪くなる?と、疑問に思うでしょう。

基本的に、そこまで影響はありません。

試用期間中の退職も履歴書には載せよう

試用期間中の退職となると、その企業での勤続期間は短い物になりますが、入社日・退社日は正直に履歴書に書きましょう。

これは、次の会社で万が一経歴詐称の疑いをかけられないためです。

面接時に突っ込まれる可能性はありますが、まっとうな退職理由であれば、採用に響く事もないです。

試用期間中の退職が転職に響く理由

面接官の心象では、

「この人はあまり忍耐が無いのかな」

と思われる可能性はあります。

試用期間中の退職理由が、下記のようなものであれば多少軽減はできます。

納得の退職理由

☑ 残業が多すぎて退職
☑ 業務内容が聞いてたはなしと違った
☑ 給与などの未払い

逆に、下記の様な理由を述べてしまうと不利になることも。

不利になる理由

☑ 人間関係でうまくやれなかった
☑ 社風が合わなかった
☑ 業務がつまらなかった

転職に不利にならないように、うまく伝えるようにしましょう。

嘘も方便です。時には言い回しを変えることも必要になります。

参考記事:新卒で会社を辞めたいと感じた時の対処法!退職を推奨する意味

退職は誰でも言いづらいもの

退職は誰でも言いづらいもの

試用期間中の退職は切り出しづらいものですが、それは誰でも一緒です。

なんなら、正式採用された後でも切り出しづらいものです。

試用期間中の退職は悪いことではない

大事なことは、試用期間中の退職だからと罪悪感を感じないことです。

まっとうな理由があれば、退職は悪い事ではありません。

むしろ、我慢しながら働く方が、後々問題が生じます。

周囲の目は気にしない

試用期間中に退職すると周囲から、

  • 忍耐力が無い
  • 甘えだ
  • 根性が無い

このような目で見られることもあります。

しかし、周囲の目は気にする必要はありません。

職業選択の自由は法律で認められていますし、人生は自分で切り開いていく物です。

他人の目を気にして、人生をつまらないものにする必要はありません。

試用期間中でも限界を感じたら早めに動くこと

試用期間中でも限界を感じたら早めに動くこと

試用期間でもブラック企業だということが分かってしまった、そもそもストレスがすごい。

このような状況であれば、即日退職に向けて動きましょう。

転職活動は早めに行う

可能な限り転職活動は早めに行うべきです。

先延ばしにしても、メリットはあまりないからです。

退職時に次の会社が決まっていれば、精神的な余裕も生まれます。

すぐに次の職場を見つけるのは難しいですが、早急に動いて損はないでしょう。

なるべく離職期間は減らしましょう

まず退職した場合や、転職活動がうまくいかず離職期間が長くなってしまうと、時間が経つにつれて次の仕事を見つけるのが大変になります。

面接時に「この期間は何をしてましたか?」と聞かれることもありますし、働く意欲も薄れてきます。

退職を優先することも大事

試用期間中とはいえ、体力の限界やストレス過多と感じたら、素直に退職をしましょう。

逆に、試用期間中に辞める決心がついてよかったと思うべきです。

最優先すべきは、自分の体調だと心得ましょう。

<まとめ>試用期間中の退職が言い出しづらい時

今回の記事は、試用期間中に退職が言いづらい方に向けて解説してきました。

この記事のポイント

☑ 試用期間中も退職はできる
☑ 退職の手順はきちんと
☑ 退職理由を考えて見る
☑ 次の転職にもそこまで影響はない
☑ 退職は悪い事ではない

これらがポイントです。

会社の選択ミスや早い時期での退職は、多くの社会人が経験していることです。

後ろ向きな気持ちにならず、今回は縁がなかったと割り切って、次の職場に意識を向けましょう。

今回は以上となります。

おススメ退職代行
この記事に関するオススメのサービスは?
退職代行ニコイチ

とにかく今勤めている会社を辞めたい、行きたくないと感じているアナタには、有名退職代行「ニコイチ」をオススメします!
成功実績、認知度、無料転職サポートなど、環境を変えようと思っている方にうってつけのサービスがてんこ盛り!依頼料が安いのも魅力です!
弁護士が監修に入っている点も、安心して依頼できるポイントです。

おすすめの記事