ワーママ
ノーリー
こんばんは!ノーリーです!
今回は働くママさんの退職について考えて見たいと思います。

この記事を、今現在育児と仕事を両立させているママさんの、今後の展望のお役に立ててください。

ワーママさん!子育てと仕事の両立は大変です

ワーママのイメージ

ワーママと言うのはワーキングママ、つまり育児と仕事を両立させているママさんの事ですね。

 子育てが忙しい中、昼間も会社に勤めると言うのは非常に大変な事です。

過去自分の周りにもワーママさんはいましたが、一日の生活を聞くと頭が下がる思いでした。

朝は幼稚園や保育園に子供を連れて行き、夕方にはお迎えに行きそのまま帰宅。

その後夕飯作りや家事など寝る寸前まで何かに追われるような状態が続きます。

家事の一部やお迎えなどはパパさんが担当してくれる家庭もありますが、それを差し引いても仕事と育児を両立させるのは大変な事だと思います。

ワーママさんの中には、

  • 早く会社を辞めたい
  • 退職したい

と考える人も少なくありません。

正社員で働いているワーママさんは辞めた後後悔する?

後悔する女性

ワーママさんの転機になるのは、お子さんが小学校に入学する時期です。

それまでの環境とガラッと変わるお子さんの傍にいてあげたいと思いますし、両親が帰宅するまでの間一人で家でお留守番させるのも心苦しいと感じるママさんは多いんです。

自分が小学生の時も、同級生に「鍵っ子」は沢山いました。

当の本人たちはそれを気にする事もなくケロっとしていますが、ふいにさみしそうな顔を見せる時がありましたね。

親御さんも、そう言った感情のイメージが付くからこそ退職しようか悩むんだと思います。

しかし、世の中のワーママさんの多くは退職後に後悔する方が多いです。

それまで自分が従事していた仕事に愛着ややりがいを感じているとなおさらですね。

特に正社員で働いてるママさんは顕著で、これは雇用形態をアルバイトやパートに変えたママさんにも起こりえます

後悔を感じる一番の要因は、それまで感じていた「毎日のハリが」無くなることなんです。

賞与の時期にモヤモヤを感じる事も

ボーナス

正社員で無くなる事は待遇面でも違いが出てきます

特に顕著なのは夏季冬季の賞与の時期で、それまで普通にもらえていたボーナスが無くなるのは経済面でも大きな痛手となります。

アルバイトやパートに変わったママさんでも、この時期になると釈然としない感情を感じる人が多いようですね。

要望があって雇用形態を変えたけれど、やっぱり待遇面での差を感じてしまうのはやるせないんだと思います。

その他日給制から時給制に変わる事も、ダイレクトに給料に反映されますからここに一抹の不安を覚えるママさんも多いようですね。

この様に、働くことは辞めなくても、待遇が変わった事でストレスを感じるワーママさんもいます。

正社員を辞めてしまうと戻るのは至難の業

正社員で戻るのは大変

日本の社会は育児や産休に大分明るくなりましたが、それでもまだワーママさんに対する待遇は100点とは行きません。

一度会社を辞めてしまうと、その後再度正社員で雇ってもらうのはなかなか難しいのが現状です。

職種や業務にもよりますが、一般的なデスクワークで現場の最前線にいた方ほどその傾向が強いようです。

それまで築いてきたキャリアや知見を活かそうと思っても、時間が経つと活躍の場を得るのはハードルが高いんです。

お子さんの成長に合わせて働き方を考えるのはとても良い事ですが、その結果数年後に後悔をするママさんが多いと言うのは何ともやりきれないです。

育児と仕事の両立が難しい時はどうする?

仕事と育児の両立

現実的な部分で、育児と仕事の両立が難しいと感じるのはどういった時でしょうか。

一番は体力的な問題ですね。

 朝早く起きてお弁当を作りお子さんを幼稚園や学校に送る。自分はその足で出社し、バリバリ働く。

定時になると急いでお迎えに行く、もしくはまっすぐ家に帰って家事をこなす。

この一連の生活の中で疲れを感じないママさんはいないと思います。

よほど特殊な環境で働いていない限りは、常に疲れを感じることになると思います。

家庭があると言う事は既に自分一人の問題では無いですから、ついつい仕事を頑張ってしまうママさんがいます。

気持ちの奥底では

  • 「疲れた」
  • 「しんどい」
  • 「ゆっくり休みたい」

と思っていても、実際に退職に向けて動ける方は少ないですね。

ただ、一つ気を付けて欲しいのは体を壊さない様にすると言う事です。

体は資本です。体調を壊してしまっては育児にも影響が出ますし、そうなる前に一度今の仕事は見直してみるべきではないでしょうか。

このサイトでも何度も書いていますが、世の中に体を壊してまで携わる仕事は存在しません

それは育児と仕事を両立しているワーママさんにも言える事です。

生活費が心配なら発想を変えてみる

財布の中身が心配

仕事を辞めて一番ダメージをこうむるのは家計です。

それまでコンスタントに入っていた収入が途絶えるのは誰でも怖い物です。

明日からの生活に不安を感じ、気持ちが暗く落ち込んできます。

しかし、先ほども書いたように体を壊してしまっては全てが水の泡。

例えお金をたくさん持っていても、寝込んでしまったり長期間入院してしまっては意味がありません。

この問題は、まず会社を辞める事によって家計はどのようになるかしっかり整理してみる事が大事です。

毎月の支出で余分な物は無いか、削れる部分は削りましょう。

また、貯金はいくらあるかを調べておきましょう

その上で、もし退職したらいついつまではゆっくりできるかザックリでも計算しておくと良いです。

その間はゆっくり休むのも良いですし、旦那さんに甘えられる環境なら思いっきり甘えるのもいいと思います。

夫婦間でしっかりと話し合い、今後家庭はどのように切り盛りしていくかある程度の道程は導き出しておきましょう。

近くに自身のご両親が住んでいるなら協力してもらうのもいいですよ。

ワーママさんの大変なところは時間がとれない事

ワーママは時間が取れない

毎日大車輪の如く働いていると、もちろん時間がありません

ルーチンをこなして一日が終わる感覚に陥ってしまうでしょう。

自分が休める時間も無ければ、子供に習い事をさせる時間が無いと言うワーママさんも多いです。

体調を崩した時に病院に行くのも一苦労だと思います。

そんな状況では自分自身に割ける時間も取れませんね。

昔は趣味に没頭し、それが仕事のストレスの緩和に役立っていたと言う記憶はないでしょうか?

育児も仕事もこなす事は大事ですが、それだけでは生きてる感覚を味わえません。

この辺りの悩みが、ワーママさんの一番つらい所だと思います。

更にいきすぎると、子供と接する時間も取れないと言う事態にも陥りかねません。

ママさんが子供のためにと働いていても、どんどん子供の気持ちは離れて行ってしまう。

こうなると本末転倒です。

そうなる前に、現状を変える方法を模索しましょう。

ここがポイント

ママ自身の時間を作るのは、非常に困難だと思います。優先すべきはお子様になりますので、昔のように、自分の趣味を楽しんだり、ストレス緩和もなかなかできないのが現実です。

こんな会社だったら辞めても良いと思う

辞める女性

限定的な状況ですが、ワーママさんになる前後に入社した会社で、まだ勤続年数が長くないお勤めをしているママさんは、自分の会社を見直してみましょう。

一般的な退職の悩みと同じく、下記の様な事柄が見られる会社なら即辞めてもいいんではないかなと思います。

  • パワハラやセクハラが横行している
  • いじめや嫌がらせが多い職場
  • 理不尽なルールが多い
  • 人間関係に問題がある
  • 明らかに自身のスキルが生かせない
  • 会社のせいで既に体調が悪くなり始めてる

もしこの様な状況で育児と仕事を両立しているなら、まず職場の方を変えてみましょう。

転職自体もエネルギーのいるものですから大変だとは思いますが、毎日大変な思いをしながら勤める価値がある会社なのか判別しておくことは大事です。

現状を振り返ってみて、上記の項目に該当する点が多いなら退職を考えましょう。

もし退職代行を使おうと考えているのであれば、女性向けの「わたしネクスト」がオススメです。

あらゆる働く女性の悩みに特化した退職代行ですから、相談すれば効率よく環境を変える事ができますよ

女性の悩みに特化した人気退職代行
↓ ↓ ↓ ↓

わたしNEXT

>>わたしネクストに相談してみる

行きづまった時の対策を考えて見る

パパとママと公園へ

次は育児と仕事の両立で既に心に余裕が無いママさんに向けて、少しでも心持が軽くなるような対策法を見ていきたいと思います。

  • 何事も手を抜いても良いと考える
  • 無理やりにでも休みを取ってみる
  • パパさんに全て任せてみる

3つほど効果的な方法を挙げてみました。

ひとつずつ見ていきましょう。

何事も手を抜いても良いと考える

これは本来育児の世界で言われている事です。

初めての育児をする際に、色々な壁にぶつかり消耗するママさんは多いのですが、その多くは自信の責任感から来ている場合が多いです。

洗濯も料理も育児も全て完璧にこなしたいと思っていると、割と早い段階で疲れが出てきます。

 そういう時は、何事も少し手を抜く事が効果的なんです。

洗濯をさぼっても誰も死にはしません。

料理が上手く行かなくても、明日作る料理を頑張ればいいだけです。

時には出前を取ったっていいでしょう。

この様に、すべてを完璧にこなそうと気合を入れるのではなく、一つ一つの項目を軽い気落ちで行ってみる事も良いですよ。

心に余裕が生まれてきます

無理やりにでも休みを取ってみる

こちらは仕事面での話になりますが、もし疲れを感じたらたまには会社を休んでみるんもいいと思います。

そんなに体調が悪くなくても、「今日一日はとにかく休む」と決めたらそれを実行する事に価値があります。

前提として、会社に最大限迷惑が掛からない様配慮しておく必要はありますが、一日のタスクを考えて見て特に問題無さそうであれば休んじゃいましょう。

一日ぐらい休んでも会社はつぶれません。誰かが死ぬわけでもありません

それよりも、自身の体のケアを優先し、時にはこう言った大胆な行動をとってみる事の方がメリットがある場合もあるんです。

もちろん休む連絡はちゃんとしましょう。

忙しい会社でも、無理やりにでも休んでみるのはたまにならオッケーです。

パパさんに全て任せてみる

ワーママさんで疲れを感じている方の多くは、家事の殆どを自分でこなしてしまってる傾向があります。

料理や洗濯など、普段はパパさんに任せられない事でも、一日ぐらいお願いしてみてはどうでしょうか

あらかじめ話をした上でお願いし、その日は休んだり自分の時間にあてたりするとスッキリします。

もしくは普段ママさんが行っているお迎えなどをお願いしてみてはいかがでしょうか。

これは意外にお子さんも喜びます。

仮にパパさんのやってくれた事が上手く行っていなくても、しっかりと感謝の気持ちは伝えましょう

そうしておくことで、自然とパパさんも自発的にこなしてくれるようになってきます。

特に育児に関しては、夫婦で協力して行うようにすると楽できますよ。

それでも退職しか考えられなくなったら

退職するママさん

ここまでは疲れを緩和できる方法など書いてきましたが、退職したい!

育児と仕事の両立に限界!となるとやはり退職をすすめる事になります。

しかし、このタイミングで一番考えて欲しいのはやはりお子さんの事です。

退職した事によってお子さんと接する時間が増えると言うのであれば前向きに退職を検討しましょう。

お子さんが小1で、今は学童や児童館に通ってる。それが退職する事によって放課後ママさんといる時間が取れると言うのはいい事です。

これらを踏まえて、いよいよ退職に動くとなると辞める時期を考えて見ましょう

会社の中で大きなプロジェクトに関わってる、軌道に乗るまでもう少し時間がかかりそうと言う場合は、退職も少し我慢です。落ち着くまでは働いていた方がいいと思います。

そういった状況ではなく、いつ辞めても特に支障はなさそうと感じたら最短で退職を伝えるのもアリだと思います。

上司と話をする中で、あたらしい妥協案が出てくる可能性もあります。

時短で働かせてくれたり、あなたが毎日を過ごしやすく考慮してくれる意見が提示される事も

もしそれが魅力的であるなら、再考してみるのも良いと思います。

今だけでなく、数年後も見据えてより良い生活が送れそうな方向に向かうようにしましょう。

退職する際はきちんとお礼を伝えましょう

お礼

いよいよ最終出社日も決まったとしたら、一番最後にする事はそれまで雇ってくれた会社に感謝の気持ちを伝える事です。

最後に皆の前でスピーチをしたり、一人一人にお礼を言って回るのもいいでしょう。

独身時代や若いころと比べて、ワーママさんの退職は心象が大事になります。

背景にはお子さんの存在がある事を皆知っていますから、辞めた後に周りから不満が噴出するような退職の仕方は避けたいですね。

引継ぎなどもきちんと行い、なるべく自分の業務は取りまとめておくことも重要です。

こうしたラストスパートをかけておくと、退職後もその会社の人達と繋がっておくことも出来ます。

たまには前職のお世話になった人たちと一緒にランチでもするのは楽しい物です。

育児に集中できる環境になったとしても、昔自分が頑張っていた事の証としてどこかで繋がっておくことは大事ですよ。

女性には、わたしNEXTがオススメ!
わたしNEXT

数ある退職代行サービスの中でも、女性のための業者が「わたしNEXT」に」なります。
会社に勤めている中で、女性特有の悩みやストレス。または、女性ならではの困った出来事も多々ありますよね。
できるなら、そういった伝えにくい悩みも理解してくれる退職代行に依頼したいと考える社会人は多いです。
「わたしNEXT」なら、日本退職代行協会(JRAA)で認可されてる退職代行なので、実績もありますし、安心して依頼できるはずです!

おすすめの記事