人材の流出
ノーリー
どうもこんばんは!ノーリーです!
今回はタイトルにある通り、やたら人が辞める会社について個人的に思う事を書いてみたいと思います。いわゆる退職する人が多い、人材が流出する会社と言う事ですね。

退職が相次ぐ職場にはこんな共通点が

ブラック企業のイメージ

ブラック企業の存在が声高に叫ばれる様になってから10年ほど経ちますが、いまだにパワハラセクハラいじめなどが横行している会社もあるみたいです。

人が会社を辞めたいなと感じる時って、実はこれ以外にもいろいろあるんですよ。

ただ共通して言える事は、退職する人の殆どの原因は人間関係にあると言う事です。

だいたいこれに当てはまります。

一見関係の無さそうな理由でも、少し深掘ると人間関係の悩みが顔を出すんですよ。

退職する時の理由って主に下記の物があると思います。

  • 環境を変えたい
  • やりたい事がある
  • 給与面で不満がある
  • 残業や激務についていけない
  • 自分は役に立てない気がする

どうでしょう、皆さんも思い当たる節があるんではないでしょうか?

これらの退職する理由がなぜすべて人間関係に起因していると言えるのか、一つずつ見ていきたいと思います。

環境を変えたい

環境を変えたい

一見すると真っ当な理由に思えますが、一番フワッとしている理由がこれです。

そもそもここで言う環境とは何を指すのか

今現在人事やメンターに従事している方は、部下がこの理由で辞めると言ってきた際は詳しく聞いてみましょう。

 環境=待遇面なのか、社内風土なのか。

物は言いようで、該当する部分が多いです。

後述しますが、残業時間の多さなんかもこれに当てはまるかもしれませんね。

しかし、フワッとしているからこそこの理由の奥には隠されている別の理由があると思う方がいいでしょう。

個人的な経験則では、粘って時間をかけて聞いてみると、たいがい「●●さんとはやっていけません」と言う意見が出てきます。

環境を変えたいと言って退職をする方には、本音をしっかりと聞き出すことが大事です。

そして、それを他のメンバーにも応用できるようにそこから対策を打つ必要が出てきますね。

やりたい事がある

ある程度勤続していて、今の業務とは別にやりたい事が出来た。もしくはやりたい事があるから退職すると言うのがこれです。

本当にそのやりたい事は、今の会社では実現できない事でしょうか?

他の業界に移った所で、生活水準も今と変えず、または高いレベルでやりくりできる算段まで立っているのか。

ここを焦点に話を聞いてみると良いと思います。

大半の人は、そこまで考えて居ません。

そして、更に突っ込んでみるとやはり「●●さんが~」と言う理由が出てくるパターンが多いです。

給与面で不満がある

殆どの会社では何かしら成果を出せば、後は長く勤続してるだけで給与は上がっていくはずです。

上がり幅は会社ごとで差はあると思いますが、毎日目の前の業務に真剣に取り組むことを続けていればそこまで給与に関して不満は出てこないでしょう。

それでも不満があると言う事は、正当に評価をされていないと感じている場合が多いです。

評価を下す人物は上司や上長が多いですから、言い方を変えるとこの理由も、「●●さんの下ではやっていけない」と言う事になります。

一見お金の問題と思いきや、根元にあるのは対人の問題なんですね。

残業や激務についていけない

最近は、どこの企業も前より従業員の残業に過敏になっています。

万が一従業員が命を絶つような事が起こり、ニュースにでもなると会社の信用はガタ落ちです。

それを回避するために、良識のある企業であれば残業の改善策を考えてくれてるでしょう。

しかし、そもそもその残業が発生している原因はどこにあるでしょうか

もし残業が上司からの丸投げの仕事を受けているがためだったとしたら、それは非常に宜しくありません。

上司が仕事が出来ず、自分の段取りの悪さを棚に上げあなたに丸投げしているだけの可能性が非常に高いです。

本来その残業はあなたがやるべき仕事でしょうか?

こうして振り返ってみると、意外に割に合わないケースが出てきます。

激務の場合も一緒ですね。

人材が流出するに至る「激務」と言うのは、スピード感であったりボリュームだったりしますが、本来激しくならない様に調整するのが上司の仕事です。

その工程を省いて、無茶な仕事があなたに落ちて来ている事はないでしょうか。

この様に、残業や激務が~と言う場合も、元をただせば上司の力量不足による事が多いですね。

自分は役に立てない気がする

実はこの理由は割と真っ当だったりします。

普段の業務を真剣にこなしてきたからこその理由ですしね。

その結果、成果を出せない、居場所が無い感じがするとなると、それは完全に上司のマネジメントに問題があるでしょう。

部下のモチベーションを看破して上げてあげるのも上司の仕事ですし、正当に評価をして褒めてあげるのもそうです。

本来人間は、これらの行為をしてもらえればそこまで自分を卑下しない物です。

にもかかわらず、この理由で会社を辞めたいと言う事は周りの人のマネジメントに問題があると言えるでしょう。

こうしてみてみると、人間関係以外で退職に至るケースと言うのは、

  • 寿退社
  • 実家の家業を継ぐ

位しかないような気もします。

人材流出会社に共通する点とは

結論から言いますと、人が多く辞める人材流出会社に共通している点は「人の課題に寄り添わない」です。

なんのこっちゃとお思いでしょうか?

悲しくなる、怒る、悔しくなる時は全てその人が抱えている課題が土台にあります。

仕事に対して正当な評価を受けていないと感じれば悲しくなるし、同僚と比較して給与が低ければ悔しくなるでしょう。

全ては個人個人がどこに課題を感じているか、それを周りが見定める事が必要です。

上司のやることは、口に出さずともそっと寄り添い、やりやすい方向に導く事です

マネジメントで大事な部分ですね。

確かにこの「課題に寄り添う」と言う行為は、簡単な物では無いと思います。

まず、人の心の機微に敏感でないといけません。

「この人はこういう性格だからこういうのは嫌がるだろうな」とか、「こういう褒め方をすればやる気を出してくれるだろう」と言う判断をしなくてはなりません。

部下の数が多ければ、上記×人数分となります。

それを毎日上手くこなしていく必要があるので、マネジメント力が乏しいと負担にもなるでしょう。

普段からコミュニケーションを取るのがカギ

先ほどのマネジメントに関しては、とにかく普段からコミュニケーションを取っておくことが大切です。

ここで言うコミュニケーションは、何もその人のすべてを把握しろと言う事ではないんです。

知っておくべき情報としては、

  • 趣味はなにか
  • 何が好きか
  • 何が嫌いか
  • 性格はどんな感じか
  • 奥手か活発か

こんな程度で十分です。

仮にこれらの情報をあますことなく教えてもらえる関係値なら、有事の際でもすぐに相談に来てくれるでしょう。

時には、部下の方からランチや飲みに誘ってくれるかもしれません。

大事なポイントは、部下が話したいタイミングで声をかけやすくしておく事です。

困った時にはすぐに相談できる上司、分からない事はすぐに聞ける話しかけやすい上司。

こういう関係を作っておくことが重要になります。

このようにコミュニケーションがとれていれば、ある程度は正当な評価をされていないと感じる事も減ります

「同僚と比較して悔しいです」と言う時も、励ましやすく力になれると思うんですよ。

人材流出会社では飲み会が増えたら気をつけろ

不思議なんですが、退職する人が相次いでくると飲み会が増えます

個人的な経験で言わせてもらうと、飲み会がある時を境に増えた会社は、その後もどんどん人が辞めていくケースが多かったです。

これはどういうことか、仕事ではなく飲み会を通して急速にコミュニケーションを図ろうと言う魂胆です。

上長陣が飲み会を開催すると言う事は、既に上の役職の人たちの中では「君の部署どうなってんの!?」的な話が出ています。

それを払拭するために、焦って飲み会を設定し部下達のご機嫌を取ると言う手段に出たわけですね。

実際これをやられると、上長との溝はどんどん深まっていきます。

従業員は皆仕事での評価を得たい、ちゃんと見て欲しいと思ってます。

にもかかわらず、飲み会の場でコミュニケーションだけ急速に取ろうとされても保身にしか見えないんですよね。

別の言い方をすれば「仕事面で評価はしてあげられないから飲み会で仲良くなろう」と言われてる感じがするんです。

過去自分の周りでも、この段階で更に不信感を募らせた人は多かったですね。

上司ごっこをしている人は意外に多い

上司であっても、人間性も伴っていない場合それは正しい上司とは言えませんよね。

上司ごっこをしている只の人がそこにいるだけになってしまうんです。

役職者たちだけで集まってミーティングをしていても、その結果が現場に還元されなければそれはミーティングをしていないのと一緒です。

けど、往々にして上司ごっこの人たちはそこで仕事をした気になっている。

見るべきは従業員の頑張りやこなした仕事の量や質なのに、見てないわけですよ。

これはマネジメントの観点から言うと問題ありです。

人間は承認欲求があって、大多数の人は見て欲しい、かまって欲しいなんです。

それがゴッソリ抜けてると、モチベーションもどんどん下がるし、退職したくなっていくんですね。

今退職を悩んでいるあなたの周りには、上司ごっこをしているだけの上司はいませんか?

ひょっとしたら彼らは、今現在十分に職務を全うしていると思っている可能性が高いです。

部下は上司を選べない

親と一緒です。

 部下は上司を選べない事が多いんです

よって、上司は自分が思っている以上に、その両肩に責任が乗っていると考えないといけません。

逆を言うと、部下から見て責任感を感じれない上司の元で働くのは、この先も暗いと言う事になります。

責任感は信用とワンセットですから、普段から自分の発言や仕事面での対応なども気を配る必要があります。

よくあるのが、以前にお願いした仕事の返答がなかなか返ってこない。

仕方なく自ら上司に確認に行くと、忘れられてたって経験はありませんか?

上司が一人に対して、部下は複数人存在する事が普通ですから、全員分の業務を100%理解するのは不可能でしょう。

けど90%ぐらいは理解できるはずです。

そして、90%も理解できていれば、「今現在Aさんからはこんな依頼が来てたな」とか、「Bさんからはあれを頼まれてる」ぐらいは把握できる物です。

忙しい=心を亡くすということ

にもかかわらず、案件を忘れる、放置すると言う事は信用もなくしますし、責任感も無いと思われるでしょう。

特に、部下からしたら自分のお願いをないがしろにされたと感じてしまいます

たまに、忙しいを理由にする上司もいますが、これは非常に心象が悪いのでやめた方がいいです。

部下の事を後回しにしたととられるからです。

「心」を「亡くす」と書いて忙しいですよ

心を亡くしてしまった人と一緒に働きたいと思えるでしょうか?

この様に、部下は上司を選べない

よって、人の上に立つ人は、常に責任感を持って部下全員に気を配りながら自分の業務に当たるようにしてください

でないと、どんどん優秀な人材が流出していく事になります。

役職手当は嫌われる代です

どういうわけか、嫌われるのが怖い。そしてまったく動かない上司というのも存在します。

部下からしたらこれも困りものです。

毎回なあなあな答えしか返ってこない、当たり障りが無さすぎる、日和見な感じがする。

こう言った空気を察知されてしまうと、部下はどんどん会社から離れていくでしょう。

怒りっぽい上司や無責任な上司がクローズアップされがちですが、実は優しくても事なかれ主義の上司も要注意です。

一見すると一緒に働きやすいですが、あなたの仕事の評価を適正に下せない可能性が高いんですよね。

この先会社で、役職も挙げて給与もアップしたいと思っている方は、それこそ退職を早めに考えた方が人生設計は上手く行くパターンが多いんです。

役職に就いた以上、時には決断を迫られると覚えておきましょう。

その結果一方から嫌われるとしても、それは当然の事です。

役職手当はそのために出ている給与の上乗せ分だと思ってください

人材が流出しがちな会社のまとめ

退職者が増える、人材流出が著しいと言う状況は、元をただせば会社側に問題がある事が殆どです。

縁があって入社してくれた従業員たちですから、責任を持って育てるべきなんですよ。

会社の規模が大きくなるとありがちですが、やはり役職たちのマネジメントも俗人的になっていきます。

不満を抱える従業員サイドの見方としては、できるだけ自己主張はした方がいいですね。

これも経験則によるものですが、やはり言わないよりは言った方がマシです。

結果が変わらなかったとしても、言わずに後悔するのは尾を引きます。

それならば思ってることを言ってみる、これはやってみる価値がありますよ。

それでも環境が変わらない、評価が得られないと言う事象が続くのであれば退職した方がいいと思います。

今退職を考えて居るアナタも、一度自分の会社の状況がどうなっているのか考えて見ると良いと思います。

本当に駄目なら退職代行サービスを使ってサクっと辞めてしまいましょう。

この記事に関するオススメのサービスは?
退職代行ニコイチ

とにかく今勤めている会社を辞めたい、行きたくないと感じているアナタには、有名退職代行「ニコイチ」をオススメします!
成功実績、認知度、無料転職サポートなど、環境を変えようと思っている方にうってつけのサービスがてんこ盛り!依頼料が安いのも魅力です!
弁護士が監修に入っている点も、安心して依頼できるポイントです。

おすすめの記事